記事

元横綱・朝青龍 祝儀を巡って親方と大喧嘩した過去

埋まらない溝が生じたことも(写真/共同通信社)

 角界のカネを巡る慣習は、一般社会の常識からするとかなり独特なものだ。名古屋場所前に開かれた貴景勝の昇進パーティで、父が“祝儀2700万円を強奪した”と報じられたのも、本来は親方がすべてを差配するものという慣習と異なるために噴出した騒動だった。

「昇進パーティのようなイベントごとは部屋にとって臨時収入の大チャンスです。力士の結婚式なども同じで、親方夫妻が“親代わり”となって、実の両親は“ゲスト扱い”になる。そこでも集まった祝儀のだいたい6割を親方が持っていくが、もちろん明文化された決まりはないから、親方と力士の間で揉め事に発展することもある」(元力士)

 2004年に当時の横綱・朝青龍が、今回と同じ新高輪プリンス(当時)で結婚披露宴を行なった際も、祝儀の分け方などを巡って高砂親方(元大関・朝潮)と大喧嘩する騒動が起きている。

 朝青龍の場合は、番組出演料など1億円を税務申告していなかったことが発覚。約3000万円を追徴課税されている。

「一事が万事そうで、たとえば十両になった力士が後援者から作ってもらう明け荷や化粧まわし、関取に贈られる幟も、親方を通しての発注が慣例。実際にかかる代金に上乗せした分をピンハネする親方衆がいる。

 そういう中抜きが横行する世界ですから、“集めたカネを部屋の関係者以外の第三者が数えてチェックするなんてあり得ない”という考え方になるのです」(同前)

※週刊ポスト2019年8月2日号

あわせて読みたい

「朝青龍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。