記事

吉本興業と芸人のニセ・ファミリー崩壊

吉本芸人の「反社会勢力」との繋がり問題で、世間の反応とわしの感覚があまりに差が開いていて笑う。

世間は宮迫と亮に圧倒的に同情的で、吉本の岡本社長を悪人にしてバッシングしているが、記者会見で始めて見た岡本社長は「なんや、普通のアホで迂闊で不器用なおっさんやないかい」という印象だった。

それに対して宮迫の記者会見は「なかなか狡猾で芝居がかってるな」というのがわしの印象だった。

FRIDAYが報じた「宮迫博之、半グレ金塊強奪犯とギャラ飲み現場写真」はデマなのか?
振り込め詐欺グループのパーティで闇営業して100万円もらっていたのに「金はもらってない」と言ってた宮迫が、今度は金塊強奪犯と個室で飲んでいたというスキャンダルが出た。
宮迫が帰る際に、「同席していた男性が現ナマの札を数えて、宮迫さんに『ハイ』と渡していたんですよ」と証言する者もいる。
これは「ギャラ飲み」ではなかったのか?

ロンブー亮の記者会見は、相方の淳に相談もせずやってしまったようだが、宮迫に操られているのではないか?
宮迫は他の芸能会社からオファーがあったので、「引退」なんてする気はない。
むしろ自分のスキャンダルを覆い隠すために、吉本興業を悪にして去って行こうという計画なのだろう。

わしが経営者なら、FRIDAYが次の矢を放つ恐れがある中での記者会見はやらせない。
本人らが「引退してでも謝罪したい」と言っても、まだ事実関係が完全に把握できない状態で、記者会見させて引退させるわけにはいかない、そう判断した岡本社長は人情味があるのではないか?

吉本興業は普通の一般企業ではない。
6000人の芸人が吉本ブランドを利用していて、社員も600人いるという。
6000人の芸人のうち、プロとしての才能がある者は、100人もいないだろう。50人くらいかもしれない。

もし吉本興業を一般企業にしたいなら、50人くらいの芸人と契約書を交わして、最低賃金を保証するしかない。
あとの5950人は、吉本芸人として食ってくことはできなくなる。
才能もない芸人が世間の風に乗っかって、反体制気分で、岡本社長を批難しているが、これで「ファミリー」とは笑わせる。

吉本興業は、維新の会や安倍政権という権力者ともズブズブで、反社会勢力とも繋がる緩すぎる企業であり、そもそも「笑い」をやる者が、権力に媚びをうるような堕落を呈しているから、こんな事態になったのだ。
「笑い」をやる者は、権力者に媚びを売ってはならない。

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  3. 3

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  5. 5

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  8. 8

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  9. 9

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  10. 10

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。