記事

改憲勢力3分の2の意味

 長かった参院選もようやく終了した。結果的に与党の勝利に終わったが、一部野党も巻き込んだ改憲勢力が、引き続き参院で3分の2を確保できるかどうかは微妙であり、政界やマスコミの注目度が高まっている。

 確かに衆議院と合わせて改憲勢力が3分の2を確保していることは、今後の改憲議論を促進するために、大切な要素の一つではある。しかしこれまで改憲議論に深く関わっていた私としては、絶対条件ではなく、むしろ議論を難しくしている側面も指摘したい。

 両院で3分の2を確保していることは、確かに改憲のハードルを下げていることであり、このことが改憲に慎重な多くの野党にとっては要注意である。そのため必要以上の警戒心を抱かせ、審査会での議論になかなか応じないという影響を与えている。

 誤解して欲しくないが、警戒をさせないようにと選挙に手心を加えるべきだとは毛頭考えていない。要は3分の2を超えていようといまいと、憲法改正の現場では冷静な話し合いが大切だということだ。野党との話し合いがきちんと行われ、出来れば一部野党との合意を得て、改正原案が作成されることが理想である。

 憲法改正手続きにおいて、最も難しく重要なことは国民投票である。与党あるいは他の改憲勢力が強引に改正原案を発議した場合は、国民投票でしっぺ返しを食らう危険性がある。与野党が冷静に話し合った上で、結果として野党が反対であっても、国民投票は上手くいくはずだ。

 政治は結果が全てという場合も多いが、憲法改正においてはその過程が大切であり、それを国民に見せることがより大切だと思う。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  3. 3

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  5. 5

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  6. 6

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  7. 7

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  8. 8

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  9. 9

    自民党内で広がる石破茂氏推す声

    SmartFLASH

  10. 10

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。