記事

共産党は、党官僚主導主義や教条主義から卒業できれば従来の共産党の殻を破ることが出来るはず

共産党の候補者が今回の参議院選挙で無所属を標榜して立候補することになった、というニュースを見た時は、腰を抜かすほどではないが、それなりにビックリしたものだった。

共産党がそこまで柔軟になったのか、共産党の選挙戦略がそこまで進化したのか、共産党がそこまで野党間の選挙協力にご執心なのか、これは容易ならざる事態だぞ、と元自民党所属の国会議員として思ったものである。

かつての共産党とは大分雰囲気が変わっているようで、かつての教条主義や官僚主義を克服した新しい共産党、若者の人気を博する可能性がある柔軟で、瑞々しい共産党のイメージが何となく漂ってきた。

かつての共産党を知らない若い方々からはそれなりの支持を得られるんじゃないかな、と思ってきた。

実際に若い方々の間では共産党を支持される方がそれなりの割合でいる、というデータがあるようである。

結構、若い素敵な女性の候補者が共産党の看板で出ている。
人権問題に熱心で、市民活動に汗を流している理論火家肌の候補者も何人もいる。
皆さん、弁が立つ。

共産党の市長が出るくらいだから、今の共産党はかつての共産党とはいささか体質が違うのかも知れない。

この参議院選挙ではどうなるかな、と見ていたが、東京でも埼玉でも議席を獲得した。

相変わらず共産党を公安調査庁の監視対象団体として危険視する方々もおられるようだが、大方の国民はそれなりに共産党の存在を受け容れておられるようだ。

これで、共産党が党名を変更するようにでもなれば、もっと支持者が増えるかも知れない。

まあ、そうは言っても、共産党の官僚主義や教条主義はそう簡単に克服できるとは思わないが・・。

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  10. 10

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。