記事

小川彩佳アナ『news23』視聴率バトルに立ちはだかる元カレ

元カレが立ちはだかる(写真/ロケットパンチ)

 参院選投開票日の選挙特番でも“局の顔”としてぶつかりあった『news23』(TBS系)の小川彩佳(34)と『news zero』(日本テレビ系)の有働由美子(50)の“夜の報道女王対決”が激しさを増している。

【写真】小川彩佳アナと櫻井翔の交際当時のツーショット

 期待を集めた小川だが、現状の視聴率では有働に軍配が上がっている。

 7月(1~12日)の平均視聴率を見比べてみると、『zero』の7.4%に対して、『news23』は4.5%。大きく水を開けられる結果となった。日テレ関係者がいう。

「有働さんもライバル登場を心配していた様子でしたが、最近は高視聴率に安心したのかNHK時代を彷彿とさせる“らしさ”が出始めています。オールスターゲームで阪神の原口(文仁)選手が活躍した話題では、突然オンエア中に応援歌を口ずさんで“阪神愛”をアピール。遊び心あるアドリブにスタッフたちも大盛り上がりでした」

『zero』好調の原動力となっているのが「月曜日」だ。月曜の『zero』は、他の曜日の同番組と比べても2~4%視聴率が高く、これが平均視聴率を押し上げている。TBS関係者が悔しそうにいう。

「火~金では僅差の勝負なのに、『zero』の月曜日は嵐の櫻井翔さん(37)が出演するため視聴率が大きくハネ上がるんです。『紅白歌合戦』(NHK)の司会で共演していたせいか、有働さんとのコンビネーションもいい。小川キャスターも頑張っているが、有働さんに加えて当代きっての人気者まで相手にしては分が悪い」

 櫻井と小川といえば、本誌が2年前に熱愛をスクープ。その後2人は破局してしまい、小川は別のお相手と結婚したが、ここにきて“元カレ”が立ちはだかるとは──。

※週刊ポスト2019年8月2日号

あわせて読みたい

「小川彩佳」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  3. 3

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  4. 4

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    布マスク配布より緊急事態宣言を

    やまもといちろう

  6. 6

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  7. 7

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  8. 8

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

  9. 9

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  10. 10

    首相 全世帯に布マスク2枚配布

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。