記事

小川彩佳アナ『news23』視聴率バトルに立ちはだかる元カレ

元カレが立ちはだかる(写真/ロケットパンチ)

 参院選投開票日の選挙特番でも“局の顔”としてぶつかりあった『news23』(TBS系)の小川彩佳(34)と『news zero』(日本テレビ系)の有働由美子(50)の“夜の報道女王対決”が激しさを増している。

【写真】小川彩佳アナと櫻井翔の交際当時のツーショット

 期待を集めた小川だが、現状の視聴率では有働に軍配が上がっている。

 7月(1~12日)の平均視聴率を見比べてみると、『zero』の7.4%に対して、『news23』は4.5%。大きく水を開けられる結果となった。日テレ関係者がいう。

「有働さんもライバル登場を心配していた様子でしたが、最近は高視聴率に安心したのかNHK時代を彷彿とさせる“らしさ”が出始めています。オールスターゲームで阪神の原口(文仁)選手が活躍した話題では、突然オンエア中に応援歌を口ずさんで“阪神愛”をアピール。遊び心あるアドリブにスタッフたちも大盛り上がりでした」

『zero』好調の原動力となっているのが「月曜日」だ。月曜の『zero』は、他の曜日の同番組と比べても2~4%視聴率が高く、これが平均視聴率を押し上げている。TBS関係者が悔しそうにいう。

「火~金では僅差の勝負なのに、『zero』の月曜日は嵐の櫻井翔さん(37)が出演するため視聴率が大きくハネ上がるんです。『紅白歌合戦』(NHK)の司会で共演していたせいか、有働さんとのコンビネーションもいい。小川キャスターも頑張っているが、有働さんに加えて当代きっての人気者まで相手にしては分が悪い」

 櫻井と小川といえば、本誌が2年前に熱愛をスクープ。その後2人は破局してしまい、小川は別のお相手と結婚したが、ここにきて“元カレ”が立ちはだかるとは──。

※週刊ポスト2019年8月2日号

あわせて読みたい

「小川彩佳」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由

    東龍

    04月21日 17:27

  2. 2

    伊是名夏子さん騒動で、政党(社民党)はもう本気で黙っていた方がいい理由

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月21日 09:46

  3. 3

    なぜ日本は海外ワクチンの調達が遅いのか

    舛添要一

    04月21日 11:50

  4. 4

    井上清華アナは90万円分…フジ女子アナが申告した“美容室ステマ”驚きの回数 - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    04月21日 17:57

  5. 5

    橋下徹「吉村知事に猛批判を浴びせるコメンテーターに言いたいこと」

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:11

  6. 6

    「参院広島再選挙」後、被買収議員の起訴は確実!「政治×司法」の権力対立が発端の「激震」が続く

    郷原信郎

    04月21日 11:57

  7. 7

    世界各国で「祝日変更」の動き コロナ感染拡大を封じ込めることはできるのか

    NEWSポストセブン

    04月21日 09:01

  8. 8

    コロナ対策に失敗しながら未だに憲法の緊急事態条項を口にする安倍前総理、自民党憲法改正推進本部最高顧問に就任

    猪野 亨

    04月21日 14:47

  9. 9

    「キャディーも頭を下げるなんて」松山選手の優勝にアメリカ人が感動したワケ

    PRESIDENT Online

    04月21日 15:08

  10. 10

    緊急事態宣言を出すよう今夜要請へ 小池都知事

    ABEMA TIMES

    04月21日 21:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。