記事

日本の総理大臣が映画の主役にならない訳

セレブたちも大統領との「友情」を利用した

映画に描かれていない米国大統領は、第10代のジョン・タイラーだけ。大統領とハリウッド、政治と映画は、密接に結び付いている。『國民の創生』でリンカーンが神格化され、『独裁大統領』で、剛腕F・D・ローズヴェルトが不動の地位を得たように。

ハリウッドセレブ(俳優などの著名人)にもっとも愛されたのはケネディで、嫌われたのはニクソン。ほとんど無視されたのが、ボブ・ディランとジーンズを好む、南部出身の人権派カーターだった。

村田晃嗣『大統領とハリウッド-アメリカ政治と映画の百年』(中央公論新社)

若くてセクシーで知的で、非業の死を遂げたケネディに、ハリウッドは熱い視線を送った。『五月の七日間』『最後の勝利者』『ダラスの熱い日』『JFK』など、傑出した「英雄」は、死後もなおスクリーンの中で生き続ける。

ウォーターゲート事件で失脚した「狡猾なディック」ことニクソンは、今に至るも、ハリウッド映画に悪のイメージを提供し続けている。『大統領の陰謀』『名誉ある撤退 ニクソンの夜』等々。

皮肉なことに、愛されたJFKは映画を好まず、セレブに関心もなく、上映から20~30分で席を立つのが常だった。嫌われたニクソンは無類の映画好きで、在職中の5年7カ月間に500本もの映画を鑑賞したという。

映画は時代を映す鏡だ。著者は、250本以上の映画を絡めながら、歴代大統領とその時代を浮き彫りにする。

元俳優の「銀幕の大統領」レーガンは、イメージ戦略に長けていた。数々のセレブが「東のハリウッド」と化したホワイトハウスに招かれ、大統領の人気を支えた。セレブたちも大統領との「友情」を大いに利用したという。

映画の中で自衛隊が一番戦った相手は"ゴジラ"

レーガン以後、大統領は映画の台詞や演出を巧みに模倣するようになる。その到達点がトランプだ。在任中のレーガン同様、トランプを描いた映画はない。レーガン自身が巧みに大統領を演じていたからであり、トランプ自身が奇抜で過激なエンターテインメントになっているからだ、と著者は指摘する。

日本はどうか。戦前の首相は、記録映画やニュース映画には登場したが、映画の主役ではなかった。戦後も、映画になるような政治家は見当たらない。『日本のいちばん長い日』の鈴木貫太郎、『小説吉田学校』の吉田茂などの例外はあるが、田中角栄にも小泉純一郎にも、ましてや安倍晋三にも出番はなさそうだ。

タレント政治家はいても、ハリウッドセレブのようなグローバルな発信力はない。

幸か不幸か軍隊もないから、『トップガン』や『エアフォース・ワン』のような名作も出てこないだろう。

そこで著者はこう書く。

〈映画の中で自衛隊が最も頻繁に戦ってきた相手は、ゴジラだったのである。戦後日本がいかに平和であったかを示していよう〉

----------
松井清人(まつい・きよんど)
文藝春秋 前社長
1950年、東京都生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)卒業後、74年文藝春秋入社。「諸君!」「週刊文春」、月刊誌「文藝春秋」の編集長、第一編集局長などを経て、2013年に専務。14年社長に就任し、18年に退任した。
----------

(文藝春秋 前社長 松井 清人)

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  4. 4

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  5. 5

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  6. 6

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    ユニクロと無印良品の決定的違い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GSOMIA破棄 画策したのは中国か

    文春オンライン

  10. 10

    民主主義を取り戻せ 若者の挑戦

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。