記事

イランの原油市場への影響力は低下、新たな供給源台頭=米エネルギー長官

[エルサレム 22日 ロイター] - ペリー米エネルギー長官は22日、原油・天然ガスの新たな供給源が台頭していることで、イランによる世界的な原油市場への影響力は低下していると述べた。

イランは19日、原油輸送の要衝であるホルムズ海峡で英船籍の石油タンカーを拿捕(だほ)。これを受け北海ブレント先物<LCOc1>は22日の取引で上昇した。

ペリー長官は訪問先のエルサレムで行った記者会見で、原油価格の上昇を「懸念している」と表明。ただ「10年前と比べると状況は完全に変化している」とし、「原油であれ、天然ガスであれ、その他の製品であれ、新たな供給源があるため、供給は安定的に継続するとみられる。現在のような事態が発生している時も市場が不安定になる公算は小さい」と語った。

その上で「10年前と比べ、イランの市場に対する影響力は薄れている」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  9. 9

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。