記事

独工業部門の低迷、各指標は長期にわたる可能性を示唆=財務省


[ベルリン 22日 ロイター] - ドイツ財務省は22日に発表した月報で、国内製造業と輸出は世界経済の減速に苦しんでおり、受注の弱さは工業部門の低迷が長期にわたる可能性を示唆していると警告した。

月報は「先行指標および縮小する受注は、工業セクターにおける景気低迷期間が長期にわたることを示唆している」とした。

今回の月報は、ブレグジットや貿易戦争リスクといた要因がドイツの輸出業者を圧迫する中、ドイツ経済の10年に及ぶブームが終わったことを示す最近の一連の指標を反映している。

一方、雇用水準は依然として拡大しており、内需動向はより健全となったもよう。ただ、同省は、拡大ペースがさらに弱まると予想した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  5. 5

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄に米国「韓国に失望」

    ロイター

  10. 10

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。