記事

けものフレンズ2にだって伏線はあるもん!

ちょっと前に書いた、一連のけものフレンズ絡みのエントリーが急に読まれた。

なんだかよくわからないけど、ご愛読感謝デーとして「けもフレ2の伏線」についてもう少し書こうかなと。

この間の記事ではけもフレ2にある数少ない伏線の例として、「細い溝跳び」を挙げた。長くなるんで書かなかったが、実はまだ他にも伏線はある(少ないが)。

たとえばイエイヌの「かばんさんはちょっと違う」という発言だ。

人間と暮らした記憶を持つイエイヌは、彼らとの再会を熱望していた。なのに「ちょっと違う」というのは、かばんちゃんは人間ではなく「人間のフレンズ」だからだ。これは一期最終話の「着衣復活」で開示済みの事実であって、この発言は特に答え合わせというわけでもない。

イエイヌは、鋭い嗅覚でそのことを悟ったのだろう。

でまあ2主人公キュルルと会って「やっと人間に会えたー」と感激したわけだ。

これは当然、「キュルルは人間のフレンズではなく、本当の人間」という展開に向けての伏線だと、私には思われた。かばんちゃんとの対比をしていることから「見え見え」になっていて伏線としてはやや稚拙だが、まあそういうことだろう。

だがこの伏線は回収されなかった。最終話まで観ても、キュルルは本物の人間であるという事実開示はない。

あともうひとつ伏線を挙げると、月の周囲に見えた人工衛星もそう。あれだっておそらく「人類の一部はあの衛星か、あるいは月に逃亡している」という展開の伏線なのだと推察できる。

ただこの伏線も見え見えだった上に、こちらも回収されなかった。

この間も書いたが、伏線とサブプロットは違う。サブプロットの例は、「キュルルの正体」だの「前作主人公達の離別・記憶喪失の理由」「ビーストの正体と救済」など。

イエイヌ発言や衛星ちら見せは、サブプロットでなく、伏線であることはわかってもらえると思う。イエイヌ発言で言えば、「キュルルの正体」というサブプロットに対しての伏線になっているわけさ。

まあ回収されてないので、本当に伏線なのかどうかも不明なのが悲しいがw

伏線技術というのは物語の読後の印象にすごく影響を与える。見事な伏線に騙されれば、「すげえ作品」となる。

ミステリーなんかだと、謎解きで感動させる分野だけに、伏線技術はすごく進化している。「見え見えの伏線じゃん。作者だせえ」とわざと思わせておいて、実はそれは作者が仕掛けた「ミスリーディング」「ミスディレクション」で、別の意味があってどんでん返しに繋がるとか。そういう作品が普通だ。

全体に粗製乱造感のあるけもフレ2に、そこまでを求めるのは酷だろう。見え見えの伏線すら回収できてないわけで。でもなんというか、脚本とシリーズプロット構築のとき、もう少し練っておけば大分違っていたんじゃないかな。

この伏線未回収やサブプロット・メインプロットの未解決だけじゃなく、あと少しだけ気が利いていれば、多くの問題は回避できたんじゃないかと思うわ。炎上したイエイヌ虐待だって、ひとことふたことセリフを修正し構図やカットを変えるだけで、大炎上じゃなく、ぼやくらいで済んだはずだし。

もったいないよなあ。

あと蛇足。前回、ホーリー・マウンテンを「プロットぶん投げ例」として挙げたが、個人的には大好きな映画なので、そこんとこは書いておく。あれ失敗じゃなくて故意にやってるわけで、歌舞伎の屋台崩しみたいなもん。ホドロフスキーは天才だ。ちょっと頭おかしいところはあるけどさw



あわせて読みたい

「アニメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  4. 4

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  7. 7

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  9. 9

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  10. 10

    肺炎拡大「東京封鎖」に至る恐れ

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。