記事

成功する企業経営者に共通する「他人のため」に役立ちたいというパッション

「ぐるなび」の創業者で代表取締役会長の滝久雄さんにお会いしました。ぐるなびと言えば、圧倒的な知名度の食のサイトですが、ビジネスモデルを聞いていると、単なる検索サイトを指向しているのではなく、日本の飲食事業のサポーターとして、インフラとして社会に貢献するという高い理想を持っている会社であることがわかりました。

まったく新しい事業を創業し、社会に対してインパクトのあるビジネスを展開する企業の創業者には共通するものがあります。

それは、ビジネスとして成功したいという「自分のため」の強い情熱だけではなく、社会にとって良いものを作り多くの人に喜んでもらいたいという「他の人のため」に役に立ちたいという、人間の本能的な欲求を具体化する意思を持っていることです。

最初に事業を興す時の動機は人によって様々です。「カネ儲けしたい」「自分の会社を作りたい」「サラリーマンはやりたくない」・・・もしかしたら少し不純な動機で経営者になった人もいるはずです。

しかし、企業として長期的に生き残っていくためには、自分のパッションを持ち続けるための動機付けと、社会から存在価値のある会社として認められるだけの事業内容が必要です。その2つを結び付ける「高い理想」が無ければ、企業として存在し続けることは難しいと思うのです。

成功している経営者に共通しているのは、常に社会を変える、世の中に貢献する、という大きな理想を掲げ、その大きな目標に向かって努力を続けていることです。

100のことを達成しようと思ったら、目標は100ではなく200に設定する。そうすれば、うまくいかない想定外のことがあっても100まで到達できます。

企業として利益を出すという目先の結果にこだわることも経営者としては重要なことですが、その先にどんな会社にしたいのか、それによって世の中にどんなインパクトを与え、どんな貢献をしたいのか。そこまで考えることができる経営者にならなければ、事業は成功しません。

能力、努力そして情熱。この3つをすべての従業員から引き出し、同じベクトルにできればとてつもない企業が生まれます。そのためにも、会社が社会にとって何ができるのか、どんな役に立つのかを明確にしておくことは重要なのです。

滝会長とお話しているうちに、長期にわたって成功し、生き残っている企業に共通するものを改めて確認することができました。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  2. 2

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  3. 3

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  4. 4

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  5. 5

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  6. 6

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  7. 7

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  8. 8

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  9. 9

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  10. 10

    金メダルでも冷静な柔道の大野将平にみる人間力 日本人の素晴らしさを再確認

    コクバ幸之助

    07月27日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。