記事

タニタ社長「社員の個人事業主化が本当の働き方改革だ」/日経ビジネス

これは面白い記事。


社員が「個人事業主」として独立するのを支援し、新たにタニタと「業務委託契約」を締結。社員時代の給与・賞与をベースに「基本報酬」を決める。

そうすることによって、
●たくさん仕事をしたいという人に残業規制をしなくてよい
●上下のある会社の雇用関係という人間関係ではなく、フラットで働ける
●主体的に働くことができる
●副業もできる
●(社会保険料等を報酬に上乗せするので)報酬の手取りが増える

といったメリットが現れたようです。

小規模企業でこのような制度を導入しているケースはありますが、タニタ級の企業での導入は余り例がないのではないでしょうか。

記事には載っていませんが、これ以外にも、会社側の消費税の節税にもなりますし、働く側の役員報酬を思いっ切り引き下げることにより所得税・住民税・社会保険料の大幅削減も可能になります。「働き方改革」以外にも、メリットは大きい制度だと思います。

このテーマで本が出版されているようです。

タニタの働き方革命
   日本経済新聞出版社
   2019-06-25

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。