記事

タニタ社長「社員の個人事業主化が本当の働き方改革だ」/日経ビジネス

これは面白い記事。


社員が「個人事業主」として独立するのを支援し、新たにタニタと「業務委託契約」を締結。社員時代の給与・賞与をベースに「基本報酬」を決める。

そうすることによって、
●たくさん仕事をしたいという人に残業規制をしなくてよい
●上下のある会社の雇用関係という人間関係ではなく、フラットで働ける
●主体的に働くことができる
●副業もできる
●(社会保険料等を報酬に上乗せするので)報酬の手取りが増える

といったメリットが現れたようです。

小規模企業でこのような制度を導入しているケースはありますが、タニタ級の企業での導入は余り例がないのではないでしょうか。

記事には載っていませんが、これ以外にも、会社側の消費税の節税にもなりますし、働く側の役員報酬を思いっ切り引き下げることにより所得税・住民税・社会保険料の大幅削減も可能になります。「働き方改革」以外にも、メリットは大きい制度だと思います。

このテーマで本が出版されているようです。

タニタの働き方革命
   日本経済新聞出版社
   2019-06-25

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  2. 2

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  5. 5

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  6. 6

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  7. 7

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  8. 8

    「大人の対応」が通用しない韓国

    笹川陽平

  9. 9

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。