記事

原点に帰って

 昨日、参議院選挙の投開票が実施され、おかげさまで与党は3年前の選挙に続き、今回の改選枠でも過半数を獲得しました。

 地元埼玉県では、自民党公認の古川俊治候補がトップ当選、同推薦・公明党公認の矢倉克夫候補も当選し、所期の目標を達成できました。支援して下さった方々に心から感謝申し上げます。

 しかしながら全国的に精査すると、激戦と言われた1人区でかなり議席を失っています。今回は定数が増えたため単純比較はできませんが、同じ候補者も多数立候補した6年前の選挙では与党77、野党39だったところ、今回は与党71、野党53と、特に立憲民主党の伸長を許してしまいました。

 私は激戦区を含む13都府県、14人の候補者を応援し、そのうち11人が当選されましたが、残念ながら滋賀県の二之湯武史候補、愛媛県のらくさぶろう候補、大分県の礒崎陽輔候補は惜敗となってしまいました。

 東北地方の選挙区は3年前も厳しい結果となっていましたが、今回も政権幹部が再三応援したにもかかわらず当選は2人。
 もっとも、前回議席を失った福島県で森まさこ候補が好成績で当選され、「選挙に強い人はやはり強い」ということも感じた次第です。

 選挙結果の分析はこれから精査しなくてはいけないと思いますが、やはり現場重視の政策・候補者の活動が不可欠だと感じます。前回この欄で述べたとおり、内外とも難しい課題が山積し、激動の時代にあって大きな改革が必要だと痛感しますが、それを的確に現場に伝え、また現場の声も聞き、着実に実行していく力量が問われています。

 発信力と現場力は言葉どおり「Statesman(政治家)」としての原点です。原点に帰って、私もさらに自らの活動に磨きをかけていくことをお誓い致します。

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  3. 3

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  4. 4

    日米首脳会談 バイデン大統領と菅首相は実は中国問題で決裂か

    NEWSポストセブン

    04月18日 08:55

  5. 5

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  6. 6

    日米首脳会談 新時代に向けて日米同盟深化による世界的な共同事業とは

    赤池 まさあき

    04月18日 08:10

  7. 7

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  8. 8

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  9. 9

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  10. 10

    新疆ウイグル人権問題 関与が疑われる「日本企業14社」の苦慮

    NEWSポストセブン

    04月17日 16:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。