記事

紀子さま 眞子さまに対し「小室さんについて辛辣な言い方」

ついに眞子さまへ痛恨の一言を…(撮影/黒石あみ)

ペルーの世界遺産マチュピチュ遺跡を訪問された眞子さま(撮影/代表取材)

ペルーを訪れられた眞子さま(撮影/代表取材)

着物姿で植樹をされた眞子さま(撮影/代表取材)

「皇族方がそうした仕草をされるのは、今まで見たことがない」と、ベテランの皇室ジャーナリストが驚くほど、新鮮な光景だった。

【写真】眞子さま、マチュピチュで見せられたエレガント帽子ファッション

 秋篠宮家の長女、眞子さま(27才)は7月9日、公務のため南米のペルーに到着された。翌10日には首都リマで日本人の移住120周年記念式典にご出席。現地の子供たち200人ほどから歓迎を受けると、子供に向けて「投げキッス」の仕草を見せられた。

「旗を振っていた子供ら2人が親愛の情を示すため、眞子さまに投げキッスをしました。眞子さまは、その場に合わせて臨機応変に対応されたのでしょう。ペルーには約10万人の日系人が住んでおり、日本の皇室に対する崇敬の念が強い。眞子さまの丁寧な振る舞いは現地で歓待されています」(皇室記者)

 ネット上には、「投げキッスは和装に相応しくない」「軽々しい振る舞いではないか」といった声もあった。現地で好意的に受け止められているのであれば、不都合な行動ではないはずだが、そうした声の背景には、こんな事情もある。別の皇室記者が話す。

「アメリカ留学中の婚約内定者、小室圭さん(27才)と現地で1年ぶりの再会を果たすのではないかと注目が集まっています。日本からペルーに向かう際、乗り換えで立ち寄った米ヒューストン空港では、日本出国時の服装から、黒のスーツに緑のブラウスという目立たない服装に着替えられ、高級ホテルに移動して休憩されました。ロビーなどでは小室さんの姿は見られなかったようですが、部屋の中の様子までは知るよしもありません。

 小室さんの留学先の大学は現在、長期の夏休み中です。南米に足を延ばすのはそう難しいことではないはずです」

 世間で注視されている眞子さまの結婚の行方。当然、秋篠宮ご夫妻のお考えにも関心が集まったが、ご夫妻はこの6月の会見で、「娘から話を聞いておりませんので、わかりません」と述べられた。

「結婚の約束について眞子さまは、ご両親からの忠告に聞く耳を持たないといわれています。しかし、決して紀子さまが“何もおっしゃっていない”わけではありません。

 もともと紀子さまは、佳子さまのファッションや趣味のダンスについて厳しく忠告をされるなど、厳格な性格で知られています。ご結婚が延期となった当初はお母さまとして眞子さまを気遣われ、多くをおっしゃらずにがまんされていたのだと思います。しかし、最近紀子さまは眞子さまに、小室さんについて辛辣な言い方をされるそうです。眞子さまは紀子さまの詰問への返答に窮し、押し黙る場面もあるそうです」(皇室関係者)

 眞子さまの結婚延期を主導されたのも紀子さまだと報じられたこともある。紀子さまは時折、周囲にこんなことを漏らされているという。

「紀子さまは昨今の秋篠宮家に対する世間の声を充分に把握されています。たしかに、順風満帆とは言えない環境です。紀子さまは、ご自身が肩身の狭い思いをされているのも、“愛子さまが天皇にふさわしい”と声が上がっていることも、眞子さまの結婚延期に大きな原因の1つがあるとお考えのようです。

 親しい周囲には、“眞子が小室さんを連れてきたことで、秋篠宮家の評判が下がって困っている”というような話を漏らされると聞いています。ご結婚問題だけでなくかなり辛辣な言い方で眞子さまご本人にも、そうした痛恨の一言を投げかけられることもあるそうです」(前出・皇室関係者)

 将来、悠仁さまが即位されれば小室さんは「天皇の義兄」になり、もし女性宮家が創設されれば「圭殿下」となる可能性もある。眞子さまに、紀子さまが気をもまれるのも無理はない。

「周囲からは、それもこれも紀子さまの子育ての結果でもあり、悠仁さまにかかりきりにならず、眞子さまばかりを責めるのではなく、親として娘と向き合い、しっかりと話されることが必要なのではないかという声も少なくありません」(前出・皇室関係者)

 予定通りであれば、2020年に眞子さまは、留学中の小室さんと結婚される。決断の時はそう遠くない。眞子さまが南米訪問から日本に帰国された時、なんらかの変化が見られるのだろうか。

※女性セブン2019年8月1日号

あわせて読みたい

「小室圭」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  2. 2

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  3. 3

    N国代表の崎陽軒謝罪 見事な戦略

    かさこ

  4. 4

    N国「ひとり放送局」詐欺行為か

    文春オンライン

  5. 5

    ネガティブ禁止 仕事増えるSNS術

    倉持由香

  6. 6

    韓国人識者 日本経済に勝てない

    NEWSポストセブン

  7. 7

    中国より挑発的な韓国の軍事行動

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    別荘5億円 外国人が激増する町

    BLOGOS編集部

  9. 9

    新生銀行 売出価格は1株1387円

    ロイター

  10. 10

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。