記事

菅官房長官とNKBと山口敬之氏の「カネの関係」疑惑

(1)先日、元TBS記者の山口敬之氏と菅官房長官との親密な関係
のわかるスクープ報道があった(「週刊新潮」)。
他の報道もあっわせて、これまでの事実関係を含め、まとめてみよう。

①山口敬之氏は、TBSの記者時代から“安倍の太鼓持ち”と呼ばれるほど、
安倍晋三首相と個人的に親しい関係であった。
山口敬之氏の結婚披露宴に安倍首相が出席していたことを
「FLASH」(光文社)が写真付きで報道。
山口敬之氏は『総理』(幻冬舎)を執筆・出版しているが、
“安倍ヨイショ本”と評されている。

②山口敬之氏は、安倍首相の右腕である菅義偉官房長官とも以前から“運命共同体”
とも言えるような関係だった。

③ジャーナリスト・伊藤詩織さんは、山口敬之氏から性的暴力を加えられたとして、
警察に相談した。
捜査を担当していた高輪署の捜査員は、逮捕状を持って成田空港で
山口氏の帰国を待ち構えていたが、この逮捕直前に上層部からストップがかかった。
この逮捕取りやめを指示したのが“菅義偉官房長官の子飼い”である
当時の中村格・警視庁刑事部長(現・警察庁官房長)だった。
中村氏は、第二次安倍政権発足時に菅義偉官房長官の秘書官をつとめるなど
“懐刀”“菅の片腕”といわれる人物で、
山口氏の逮捕を取りやめるよう指示したことについて、
本人が「週刊新潮」の直撃に対し、「私が決裁した」と認めている。。

④そこで、伊藤詩織さんは、山口敬之氏からの性的暴力で精神的苦痛を受けたとして、
損害賠償を求めた民事訴訟を東京地裁に提起した。
一方、山口敬之氏は詩織詩さんに対して損害賠償を求める反訴を起こしている。
両訴訟は併合して審理が行われている。
今月8日、東京地裁に詩織さんと山口氏が出廷し、本人尋問が行われた。

⑤「週刊新潮」の報道によれば、
東京都のNKBという広告代理店が山口敬之氏に「顧問料月額42万円」等を支払っていた。
その会長である滝久雄氏は、長年、菅官房長官と懇意にしており、
山口氏がTBSを退社した2016年の11月から、NKBの子会社と顧問契約を結んだという。
「この滝会長と菅さんが仲良しなんです。山口がTBSを辞めた後に、菅さんが“山口にカネを払ってやってくれないか”と滝会長に依頼したそうです」(広告代理店関係者のコメント)。
山口氏は滝会長の子会社に一度も出社したことがなく、
「週刊新潮」が2017年5月に準強姦疑惑の告発記事を出すと支払いを止めた。
一方、
菅官房長官は、滝会長への“山口氏支援の依頼”に関して、
言葉少なに関与を否定するだけで、「それ以上は言えない」と。

⑥なお、滝久雄氏は、
「NKB」の代表取締役会長・創業者であり(http://www.nkb.co.jp/company/organization.html)、
「ぐるなび」の取締役会長である(https://corporate.gnavi.co.jp/profile/executives/)。

(2)以上の事実のうち、私がここで注目したいのは、
山口敬之氏に「顧問料月額42万円」等を支払っていた、
広告代理店のNKB(エヌケービー)およびその会長である滝久雄氏
と菅義偉官房長官と関係、それも政治資金の関係である、

すでに報道されていることだが、
菅義偉官房長官が代表を務める「自民党神奈川県第二選挙区支部」に対して
「エヌケービー」(代表・滝久雄)は、2009年から政治献金をしていた
(http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-04/2013030415_01_1.html)。

私が確認したのは、2011年と2012年だ。

「自民党神奈川県第二選挙区支部」(代表・菅義偉)の2011年分政治資金収支報告書
(https://www.openpolitics.or.jp/pdf/140302/2011.pdf)
の25枚目
「(株)エヌケービー」(代表・滝久雄)が毎月1万円ずつ、計12万円の寄付をしていた。

「自民党神奈川県第二選挙区支部」(代表・菅義偉)の2012年分政治資金収支報告書
(https://www.openpolitics.or.jp/pdf/140302/2012.pdf)
の36−37枚目
「(株)エヌケービー」(代表・滝久雄)が毎月1万円ずつ、計12万円の寄付をしていた。

(3)私の見落としでなければ、2013年〜2017年は、
「(株)エヌケービー」(代表・滝久雄)の
「自民党神奈川県第二選挙区支部」(代表・菅義偉)への政治献金はないようだ。

なぜなのだろうか?

そのことと、どれだけ関係あるのか不明だが、
滝久雄氏は、2013年に
安倍晋三首相から内閣府の規制改革会議(議長=岡素之住友商事相談役)
の委員に任命されたことだ(https://matome.naver.jp/odai/2136089258924437001)。
2013年の規制改革会議

規制改革会議委員名簿
<五十音順、敬称略>
安念潤司 中央大学法科大学院教授
浦野光人 株式会社ニチレイ代表取締役会長
大崎貞和 株式会社野村総合研究所主席研究員
大田弘子 政策研究大学院大学教授
岡素之 住友商事株式会社相談役
翁百合 株式会社日本総合研究所理事
金丸恭文 フューチャーアーキテクト株式会社代表取締役会長兼社長
佐久間総一郎 新日鐵住金株式会社常務取締役
佐々木かをり 株式会社イー・ウーマン代表取締役社長
滝久雄 株式会社ぐるなび代表取締役会長
鶴光太郎 慶応義塾大学大学院商学研究科教授
長谷川幸洋 東京新聞・中日新聞論説副主幹
林いづみ 永代総合法律事務所弁護士
松村敏弘 東京大学社会科学研究所教授
森下竜一 アンジェスMG株式会社取締役 大阪大学 大学院医学系研究科教授

官房長官は、政府の規制改革会議の委員の人選に関与できるようだ。
(4)となると、
①まず、「(株)エヌケービー」(代表・滝久雄)が2012年まで
「自民党神奈川県第二選挙区支部」(代表・菅義偉)に政治献金していたことと
滝久雄氏(株式会社ぐるなび代表取締役会長)が内閣府の規制改革会議の委員に
任命されたこととの間に、何らかの関係があるのではないかとの疑念が生じる。

②また、「(株)エヌケービー」(代表・滝久雄)が2012年まで
菅義偉官房長官側に対し資金提供していたのは、政治献金だけだったのだろうか?
言い換えれば、政治資金パーティー券を購入していたのかどうか、である。
さらに、もし政治資金パーティー券を購入していたのであれば、
2013年以降はどうなのか、である。

(5)政治資金規正法によると、
企業の政治献金については、
政党本部・支部(および国民政治協会など政党の政治資金を集める政治資金団体)
に対するものに限定して許容しており、
政党支部が寄付(政治献金)を受領した場合、年間5万円を超えるものについては、
寄付者の名称などの明細を政治資金収支報告書に記載するよう義務付けている。
一方、
企業が政治資金パーティー券を購入できることについては、
主催が政党本部・支部のものに限定せず、政治団体が主催するものも許容しているうえに、
政治資金パーティー券の購入者の名称などの明細を記載することが義務付けられているのは、
1つのパーティーにつき20万円を超える購入者に限定されているので、
ある国会議員の政治団体が主催する複数のパーティーで、
それぞれ20万円以下の購入者については、
政治資金収支報告書に明細が記載されないのである。

(6)例えば、2013年の政治資金パーティーに関していえば、
「自民党神奈川県第二選挙区支部」(代表・菅義偉)は、
2回開催している(https://www.openpolitics.or.jp/pdf/140302/2013.pdf)
し、
「横浜政経懇話会」(代表・菅義偉)は3回開催している(https://www.openpolitics.or.jp/pdf/140301/2013.pdf)。

かりに「(株)エヌケービー」(代表・滝久雄)が同年に
上記5回の政治資金パーティーで全て20円分、計100万円分
を購入していたとしても、会社名等は記載義務がないのである。

果たして「(株)エヌケービー」(代表・滝久雄)は
菅氏側の政治資金パーティーを購入してきたのかどうか、
購入していた場合、それは、いつなのだろうか?

(7)菅義偉官房長官は、
滝久雄氏が内閣府の規制改革会議の委員に任命された経緯、
上記政治資金関係、および
NKB(の子会社)と山口敬之氏の顧問契約・顧問料支払い等の経緯について
きちんと国民・国会に対し説明する必要がある。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  2. 2

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  5. 5

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  6. 6

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  7. 7

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  8. 8

    「大人の対応」が通用しない韓国

    笹川陽平

  9. 9

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。