記事

"安倍嫌い"で誤報まで出した朝日の言い訳

1/2

1面トップの特ダネは「フェイクニュース」だった

ハンセン病の元患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決について、安倍晋三首相が控訴しないことを表明した。7月9日の午前中のことだった。

これに対し、朝日新聞は9日付朝刊(14版△)の1面トップで「ハンセン病家族訴訟 控訴へ」との見出しを付け、「政府は控訴して高裁で争う方針を固めた」と書いていた。安倍首相の控訴断念の表明によって、朝日の特ダネは紙面に印刷されてから6時間ほどで"フェイクニュース"であることがわかった。

ちなみにNHKは9日午前2時ごろ、「政府が控訴断念へ」とのニュースをネットで報じていた。

安倍晋三首相との面会実現を訴え、歌いながら官邸へ向けペンライトを振る原告ら=7月10日、東京都千代田区(写真=時事通信フォト)

なぜ、朝日新聞は誤報を出したのだろうか。朝日新聞は9日付夕刊と10日付朝刊の一面に「誤った記事おわびします」と題した訂正・おわびの文を掲載して読者にわびた。

夕刊では「朝日は9日付朝刊で、複数の政府関係者への取材をもとに『控訴へ』と報じました。政府は最終的に控訴を断念し、安倍晋三首相が9日午前に表明しました」と書き、朝刊では「取材の経緯を2面に掲載しています」と付け足した。

夕刊と朝刊に計2回にわたって訂正・おわび記事を出したのは、地方の夕刊のない地域のためだろう。深い反省の意を示したわけではないと思う。

「取材を踏まえたもの」というのっけからの言い訳に驚く

2面に掲載された「取材経緯」の記事を見てみよう。書き出しはこうだ。

「元ハンセン病患者の家族への賠償判決に対する政府の控訴方針を報じた9日付記事は、政権幹部を含む複数の関係者への取材を踏まえたものでしたが、十分ではなく誤報となりました。誤った経緯について説明します」

のっけから「政権幹部を含む複数の関係者への取材を踏まえたもの」と言い訳がましいことを書いているところに驚く。もっと謙虚に反省の姿勢を読者に示すべきである。

それができないのは朝日が読者の存在を軽視しているからだろう。いまどきの言葉を借りて言えば、読者に対して「上から目線」で見ているからではないか。

組織そのものを改造しない限り、誤報はまた繰り返す

朝日の「取材経緯」の説明はこう続く。

「6月28日、熊本地裁が元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた判決を受け、朝日新聞は政治部、科学医療部、社会部、文化くらし報道部を中心に、政府がどう対応するのかの取材を始めました」

編集局内の複数の部の記者たちが取材していながら、なぜ誤報になるのか。編集局内の部と部の横の情報交換が足りないのではないか。編集局内の風通しが良くないのだろう。

もしそうだとしたら大組織にありがちな問題であり、根本的に組織そのものを改造しない限り、誤報はまた繰り返す。

朝日自身、「あとは安倍晋三首相の政治判断」と書いている

さらに「取材経緯」の記事は続く。

「法務省や厚生労働省、首相官邸幹部は控訴するべきだとの意向で、あとは安倍晋三首相の政治判断が焦点でした」

「首相は7月3日の党首討論会で『我々は本当に責任を感じなければならない』などと発言しました。しかし官邸幹部への取材で、この発言を受けても、控訴の流れに変わりはないと受け止めました」

沙鴎一歩も3日の党首討論をNHKテレビで見た。確かに安倍首相は「本当に責任を感じなければならない」と強調していた。そしてこの安倍首相の言葉と態度から「何かやらかすかも」と沙鴎一歩は考えていた。案の定、7月9日に控訴断念のという異例の表明が飛び出した。

どうして朝日は異例の事態を予想しなかったのか。

朝日は「官邸幹部への取材で、控訴の流れに変わりはないと受け止めた」と弁明するが、最後に判断するのは官邸幹部ではなく、安倍首相だ。朝日自身、「あとは安倍晋三首相の政治判断」と書いているではないか。そこまで理解しておきながら、なぜ誤報を書くのか。取材が甘いと批判されても仕方がない。

朝日の総理番は、一体、何をやっていたのか

「取材経緯」は後半でこう説明する。

「8日、『ハンセン病関連で首相が9日に対応策を表明する』という情報とともに、控訴はするものの、経済支援を検討しているとの情報を得ました。さらに8日夕、首相の意向を知りうる政権幹部に取材した結果、政府が控訴する方針は変わらないと判断しました。このため朝日新聞は1面トップに『ハンセン病家族訴訟、控訴へ』との記事を掲載することを決めました」

ここでも「首相の意向を知りうる政権幹部」に対する取材によって「政府が控訴する」と朝日は判断している。繰り返すが、最後に判断するのは官邸幹部ではなく、安倍首相だ。朝日は安倍首相本人にきちんと取材したのだろうか。

新聞社やテレビ局の政治部には、「総理番」と呼ばれる記者が数人いる。総理番は、総理大臣官邸の敷地内にある記者クラブ「内閣記者会」に籍を置き、首相の動向を細かく追っている。安倍首相が海外にでかけるときは、政府専用機に乗って付いていく。首相に密着してきた朝日の総理番は、一体、何をやっていたのか。

「取材経緯」の記事は、政治部長の署名記事である。ここからハンセン病訴訟の行方については、政治部が中心になって追いかけていたことがわかる。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  2. 2

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  5. 5

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  6. 6

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  7. 7

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  8. 8

    「大人の対応」が通用しない韓国

    笹川陽平

  9. 9

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。