記事

賛否両論の映画「新聞記者」が悪い意味で虚実ないまぜだった件 都合の良い実在・非実在の使い分けに呆れた - 石動 竜仁

1/2

 筆者のSNS上で、映画「新聞記者」が話題になっていた。色々な意味で。

【動画】映画「新聞記者」の予告編を見る

 Twitterを検索してみると、やはり2つの世界が広がっていた。現政権と絡めて権力とメディアの葛藤を描いた作品として称賛する人、物語の根幹を成す設定に否定的な意見を出す人などなど、意見は真っ二つに割れていた。

 これを見て筆者は「あ、これ絶対面白いヤツだ」と勝手に決めつけた。映画そのものより現象が。こうなったら、映画も見てみるべきだろう。筆者は映画館に向かった。これはその一部始終、つまり「新聞記者」の映画評になる。

 なお、本稿においては、その性質上映画「新聞記者」の核心部分を含むネタバレが多数登場する。あらかじめその点をご承知の上、この先を読むかどうかご判断頂きたい。

物語が始まる前から驚かされる

 筆者は特に映画の前情報も調べず、映画館に向かった。上映されていたのは比較的小さいスクリーンだったものの、座席の半数は中高年の男女で埋まっていて、平日上映の、それも社会派の映画としてはかなり健闘している部類に入ると思う。予告の長さにブツブツ文句を言っている隣の老齢男性を気にしつつ、映画が始まった。

 本編が始まる直前でいきなり驚かされたことがある。映画の配給としてイオンエンターテイメントがクレジットされたのだ。イオングループと言えば、言わずと知れた旧民主党・民進党代表で、現在は立憲民主党会派の岡田克也氏の実家の一族企業である。そういう背景で政治や報道題材の映画を出されてもな……という気分は拭えない。

 映画の内容と資金・配給は関係ないという反論もあるだろうが、仮に麻生グループが関与する政治エンターテイメント映画があったとしたら、自分だったら眉に唾をつけて観るし、皆さんはどうだろうか? それと同じことだ。そういう訳で身構えて観ることにした。


主人公の新聞記者を演じたシム・ウンギョン ©getty

反政権的な人物にスキャンダルをでっち上げる

 主人公の吉岡は、東都新聞の記者。優秀な新聞記者だった父親は、政治スキャンダルの誤報をきっかけに自殺した経緯を持つ。ある日、社内に送られてきた大学新設計画に関するFAXをきっかけに、この大学新設計画の背景を追っている。

 もうひとりの主人公である杉原は、外務省から内閣官房の内閣情報調査室(内調)に出向している官僚だ。杉原の内調での主な仕事は、反政権的なメディアに対する批判・揶揄をTwitterに投稿したり、反政権的な人物をこじつけでスキャンダルをでっち上げたりして信用を失墜させる仕事をしているが、その仕事内容には疑問を抱いている。

 杉原の元上司である神崎の自殺をきっかけにして2人は出会い、大学新設計画を巡る政府の真の目的を探ることになる。

 物語の大筋は上述の通りで、「総理のお友達」が関与している大学新設計画は、明らかに加計学園の獣医学部新設問題を下敷きにしている。この他にも、文部科学省の一連のスキャンダルや、ジャーナリスト・伊藤詩織氏への暴行事件といった、実際に起きたものを連想させるような事件が多数登場し、その背後には政権が関わっていることが示唆されている。

 物語が始まってから最初に驚いたのは、劇中のテレビ番組に「新聞記者」原案の東京新聞記者・望月衣塑子氏と前川喜平元文部科学事務次官が出演していたことだ。前述したように、劇中に実際に起きたのを想起させる事件が多数登場しているが、それらは実際の事件そのものではない。だが、ここに来て実在の人物に解説役をやらせるのは予想外だった。創作と現実をシャッフルする意図とはなんだろうか? ここで抱いた違和感は終始つきまとうことになるが、それについては後に譲る。

内調がネット工作の実行主体になりえるか

 ネット上で批判が大きい内調のネット工作描写だが、筆者は政府や政治組織によるネット工作自体はおかしな話ではないと思っている。しかし、内調がその実行主体になりえるかについてはかなり疑わしい。内調は各省庁からの出向者が大半を占める組織で、やがて外部に戻ることが確定しているスタッフにこんな工作をさせるだろうか。そもそも、世論工作について、外部から出向してきた官僚達は素人だ。

 世界各国で明らかになっている世論工作についても、その実行主体は民間企業によるもので、企業が絡むことで工作がバレても真のクライアントは誰かを隠匿することもできる。劇中の討論番組で前川喜平元次官が「内調は何をやっているのか分からない」という趣旨のことを語っている。つまり、内調のネット工作の部分は制作者の完全な想像によるもので、このあたりの描写に想像力の限界が見え隠れしている。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  2. 2

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  5. 5

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  6. 6

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  7. 7

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  8. 8

    「大人の対応」が通用しない韓国

    笹川陽平

  9. 9

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。