記事

名古屋教育虐待殺人事件「何が教育熱心な父親を子殺しに駆り立てたのか?」 「被告人もその父親から刃物を向けられていた」裁判傍聴記#3 - おおたとしまさ

1/2

名古屋教育虐待殺人事件「中学受験で息子を殺された母親の無念」 から続く

 2016年8月21日名古屋で、当時12歳だった中学受験生が自宅で父親に刺殺された事件で、名古屋地方裁判所は2019年7月19日、被告人・佐竹憲吾(51)に懲役13年の実刑判決を言い渡した(裁判の詳細は#1、#2へ)。加えて裁判長は以下のように述べた。

「保護者である父親によって命を奪われた被害者の驚き、苦痛、かけがえのない一人息子を突然奪われた被害者の母親の悲しみ、嘆きは察するに余りある」
「犯行の動機、経緯を見ても、被告人は、中学受験の指導の名のもと、被害者の気持ちを顧みることなく、自らの指導・指示に従うよう、暴力的な言動から刃物へ、ナイフから包丁へ、やがては包丁を被害者の身体に当てるなど、独善的な行為をエスカレートさせていった挙げ句、本件犯行当日、被害者の態度にいらだちを募らせたすえに激高し、衝動的に犯行におよんだものと認められる」


名古屋地方裁判所(2010年04月21日撮影) ©時事通信社

どこにでもある『教育虐待』と同じパターン

 佐竹被告は子煩悩な父親だった。被告人自身もその弟もその父親もみんな名古屋の超進学校出身だった。崚太君が同じ学校を目指して中学受験塾に通い始めると、佐竹被告が家で勉強を教えるようになり、そのころから暴言、暴力、威圧行為が始まる。被告人自身、「受験勉強が始まるまでの生活は楽しかった」と振り返る。

 犯行当日の朝、崚太君が約束した時間に起床せず、朝食にも時間をかけ、たびたび急かしても反抗的な態度を見せたため被告人はいらだち、包丁を持ち出した。崚太君が部屋の隅に逃げ込むと、被告人は包丁で床を叩いて呼び寄せた。そして崚太君の背中に左腕を回して左肩をつかみ、右手に持った包丁を目の前にかざす。崚太君が泣き出すとさらにいらだちを募らせて、左手で口を塞いだ。気づくと崚太君の胸には穴が開いていた。被告人はあわてて崚太君を抱えて近くの病院に駆け込み、「刺してしまった」と述べている。

 これは特異なケースなのだろうか。これまでさまざまな「教育虐待」の事例を取材してきた私にはそうは思えない。むしろこれは典型的な「教育虐待」であり、これまで私が取材してきた事例との符号点も多い。何が典型的なのか。

「本人がやると言った」が危険

 まず、子どもの人生を親または親族一同が決めていること。被告人の一家はそろって名門進学校出身者であり、特に嫡男は薬剤師として被害者の曾祖父の世代から続く薬局を継ぐことが、一族の方針として決められていた。

 証言台に立った被告人の父親(78)は、「崚太は佐竹家の大事な跡継ぎでしたから、私にとっても憲吾(被告人)にとっても宝物でした」とくり返した。「跡継ぎだから宝物」という論理に、何の疑いももっていないようだった。

 言うまでもなく、子どもの人生は子どもの人生。親が子どもの人生に何らかの期待を寄せるのは決して悪いことではないが、それは親の勝手な期待である。たとえそれがかなわなくても、子どもの責任ではない。

 次に、あくまでも崚太君本人の意志で中学受験を選択し、父親・叔父・祖父と同じ進学校を目指していることにされていること。崚太君は2歳ごろから、その学校への進学を刷り込まれており、本人も本気で目指していたことは間違いないだろう。

 しかしここにこそ落とし穴が生じる。「本人がやると言ったのだから」という大義名分が、どんなにつらい仕打ちでも子どもにやらせる正当性を、親に与えてしまう。「これは私のエゴではない。本人が望んでいる苦行である」と自分自身に言い聞かせ、いくらでも暴走できてしまう。

 本人が「やる!」と言っても、適当なところでとどめるブレーキ役に徹するのが親あるいは指導者の役割である。子どもが自らアクセルを踏み込むように見守り、励ますことはあってもいいが、子どもの代わりにアクセルを踏み込めば大事故につながる。

多くの親も用いる「言葉のナイフ」

 そして、「勉強を教える」とは名ばかりで、実際には恐怖によって「勉強させる」ように仕向けるだけの指導だったこと。今回の事件の場合、最終的に包丁が恐怖の象徴となるが、子どもに恐怖を与えるのに刃物を持ち出す必要もない。

「あなたはダメな子だ」「家を出て行け」「受験なんてやめてしまえ」など、親が言葉のナイフを振りかざせば、子どもは簡単に恐怖に陥る。ときには文字通りの致命傷を負わせることもできる。強いプレッシャーを感じた子どもが自ら命を絶ってしまったり、重い後遺症に苦しみ続けたりすることもあるのだ。

 脅して勉強させたところで、効果は一時的。効果を持続させるためには脅しをエスカレートさせていくしかない。多くの場合は入試本番を待たずして子どもがまいってしまうのだが、仮に「志望校合格」という目的は達成されたとしても、脅され続けた子どもが受けた傷は簡単には癒えず、人生を狂わせる。

 教育虐待の加害者であり、被害者でもある佐竹被告の人生は、まさにそのことを証明している。

あわせて読みたい

「教育虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  3. 3

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  4. 4

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  5. 5

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  6. 6

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  7. 7

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  8. 8

    住職の煽り運転めぐる報道に指摘

    猪野 亨

  9. 9

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  10. 10

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。