記事

官能作家・蒼井凜花氏、執筆中は「声が出てしまう」「カフェでも……」


 15日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、蒼井凜花氏が官能作家ならではのエピソードを披露した。

 女性視聴者に「セルフプレジャー(自慰行為)をするか?」というアンケートを取った直後、蒼井氏は「私も執筆の時とか、本当はダメなんですけれど、興奮して1回絶頂に達してからまた書き始めるんです」と告白。

 さらに、書きながら声を出すそうで、「特に女の子・ヒロインが責められている時は、キャラクターによって語尾や喘ぎ方も違うので。たまにカフェで書いている時に『あんっ』って言ってしまって、周りからギョッとされますね」と外での経験があることも明かした。


 また、「声を出している(官能作家の)方は多いと思いますよ。やっぱり感情移入して、キャラクターごとに自分をもり立てて」と説明すると、小沢一敬は「すごいわかる。俺も漫才書く時口に出しながら書いてるから」と賛同していた。

【映像】井戸田潤×セクシー女優による“官能小説朗読会”

あわせて読みたい

「性事情」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  5. 5

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄に米国「韓国に失望」

    ロイター

  10. 10

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。