記事

田村亮、涙で訴え 吉本興業とは「契約解除と思っている」「ファミリーなら子どもの背中を押してほしかった」


 闇営業問題で吉本興業からマネジメント契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で会見を開いた。

 会見がきょうとなった経緯について宮迫は、吉本興業側に謝罪会見を開きたい旨を伝えていたこと、しかし大崎社長からは止められ、会社を辞めて1人ででも会見したいという田村に「会見するなら連帯責任で全員をクビにする」と言われたこと、また弁護士を立てた2人に「2人の引退会見」か「2人の契約解除」を迫られたことなどを説明。

 そうした吉本興業の対応に記者から「会社になぜかという理由を聞いたと思うが、会社側の答えは?」という質問が出ると、田村は涙を流して説明した。

 「会見がダメだということに関しては、正直僕は納得がいっていませんでした。僕はTwitterとかラジオでも嘘をついてしまって、(相方の)淳にも嘘をついて。でも僕の嘘に擁護してくれている人に対して辛くて。それで言おう、会社にどうしても言いたいとなった時に、(吉本興業側の)弁護士さんたちが止めている理由が全くわからなくて。

 弁護士さんが言うには、『2人が弁護士をつけたことを上層部は悲しがっている』『ファミリーだ』と。けど、僕に言わせれば、本当にファミリーだとするならば、僕は子どもだと思っています。子どもが正しいこと、本当に悪いことを謝ろうとしているのを止めるのが親ではないと思います。それをやられて不信感が、不信感しかなくなってしまいました。止める理由が僕の中ではなく、背中を押してほしい、どういう風にしたら僕らがちゃんと謝れるかを手伝ってほしかっただけです。

 本当のことを言うのがどんどん遅れて、しんどいことは伝えていました。会見したほうがいいというのはみんな同じですし、なのに止めるというのはあってはいけないことだと本当に思っていました。だから、弁護士さんを立てたことは正しいと思い、じゃないと動いてくれなかったのは事実です。ただ、引退会見という風になっていった経緯はどのような感情で吉本興業の方が言っているのかは想像もつかないんですけど。元は自分たちがついた嘘のせいだから色々なことを我慢してきましたが、もう僕は限界だったので、今回手作りですけども、いろいろな人に届くように謝らせてもらいたいと、会見を開かせていただきました」

 また、吉本興業側の弁護士との面談の際、「『2人の引退会見』をやるなら2時間後に想定したQ&Aをやってくれ。戻って来なかったら契約解除です」と言われたそうで、田村は「我々は行っていないので、僕は公表はされていないですけれども、自分的には契約解除をされていると思っています。僕たちの会社というのは何かサインをするわけでもないので、個人的には契約解除していただきたいと思っています」と語った。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

【放送中】宮迫博之・田村亮の謝罪会見をノーカット生中継

あわせて読みたい

「田村亮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国 金利デリバティブを調査へ

    ロイター

  2. 2

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  3. 3

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  4. 4

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    N国・立花孝志氏が崎陽軒に謝罪

    SmartFLASH

  6. 6

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  7. 7

    矢沢永吉「悠々自適なんてウソ」

    BLOGOS編集部

  8. 8

    輸出規制強化で奮い立つ韓国企業

    ヒロ

  9. 9

    韓国紙の歪曲した歴史解釈に呆れ

    諌山裕

  10. 10

    19歳ADが女優 女性向けのAV会社

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。