記事

京アニの被害者が気の毒すぎる

京アニの事件は悲惨すぎて嫌な気持ちになって辛い。
才能あるスタッフをあんなに大勢一気に失うなんて、もったいなさ過ぎる。

ただただ犯人への憎悪しか湧かないが、自意識だけが肥大して、共同体から疎外された人間が、被害妄想でストーカーと化す現象は、もはや珍しくない時代だ。

犠牲になった、健全な夢と技術を持つ人たちが哀れすぎて、この理不尽さの解明をしたがるが、被害が大きすぎたのは偶然であり、犯人像が月並み過ぎて、虚しさしか残らない。

「ゴー宣道場」の会場にも、以前から何度か脅迫があり、何十人もの刑事がやってきたこともあったが、何も起こらなかった。

プロの警備員も雇っているし、その上で武道の心得がある門下生が厳重に守る。
会場の弱点がどこにあるかも、事前に研究しておこう。

警備担当の者たちは、わしを守るのではなく、参加者を守ることを第一に考えてほしい。

あわせて読みたい

「京都アニメーション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。