記事

金正恩に「使い捨て」にされた女性兵士の悲惨な話

経済難の慢性化となし崩し的な市場経済化の中、北朝鮮社会では拝金主義がはびこり、すっかり世知辛い世の中になっている。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、「子どもを軍隊に送り出すのも恐ろしい世の中になった」とする、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋の話を伝えた。そこで語られたのは、金策(キムチェク)出身の19歳の女性の悲惨な境遇についてである。

彼女は朝鮮人民軍(北朝鮮軍)に入隊し、平壌にほど近いある部隊で勤務していた。ところが、前回の冬季訓練中に高所から落下する事故に巻き込まれた。朝鮮人民軍第11号中央病院に搬送され、数ヶ月間治療を受けたが、回復は困難だという診断を受けた。

男性本意の社会的風潮の中、女性兵士は軍内で弱者の立場にある。それが重傷を負ったとなると、いかに弱い立場に置かれるかは想像に難くない。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

ちなみに北朝鮮の首都・平壌の地下鉄には、「栄誉軍人席」というものがある。軍隊での勤務中に何らかの事故で負傷し、障害を抱えている「傷痍軍人」のための優先座席だ。最高指導者のために体を張って尽くした彼らは、社会的には尊敬される立場にあり、国から様々なサポートを受けられる――はずだった。

現状は全く逆だ。北朝鮮は、そんな栄誉軍人に厚遇するどころか、厄介者扱いし、カネをむしりとろうとしている。

首を動かせず横になっていることすら苦しいと訴える彼女に追い打ちをかけたのは、病院側の仕打ちだ。鑑定除隊(病気による除隊)をせざるを得ない状況となったが、病院は鑑定除隊証明書の代金として500元(約7800円)を突きつけてきたのだ。

両親は、娘が障害を抱えて一生暮らすことになったことも悔しいのに、家に帰りたいと泣きじゃくる娘を連れ出すこともできず、苦しい思いをしている。

北朝鮮は「医療はすべて無償」と謳っているが現実は異なる。絆創膏1枚から高度な医療機器に到るまですべてのものが有料となっており、患者は市場で購入した薬を持参し、医者にワイロを渡して治療を受ける。

(参考記事:【体験談】仮病の腹痛を麻酔なしで切開手術…北朝鮮の医療施設

朝鮮人民軍所属の彼女とて例外ではない。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「金正恩」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    五輪特需失ったホテル業界に危機

    ロイター

  10. 10

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。