記事

グラミー賞の熟練プロデューサー、ケン・エンリッヒ氏が2020年を最後に引退

1/2
長年グラミー賞のエグゼクティブ・プロデューサーを務めてきたケン・エンリッヒ氏が、2020年の授賞式を最後に引退すると、レコーディング・アカデミーが発表。(Photo by John Shearer/Getty Images)

長年グラミー賞のエグゼクティブ・プロデューサーを務めてきたケン・エンリッヒ氏が、2020年の授賞式をもって引退する。現地時間17日に発表した。

後任として『レイト×2ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』のエグゼクティヴプロデューサー、ベン・ウィンストン氏が、2021年から音楽業界最大の夜を引き継ぐ。2020年の第62回グラミー賞授賞式は、エンリッヒ氏にとって40回目の授賞式となる。

「グラミー賞が現代の最高峰の音楽賞へ成長する過程に携われたことは、私のキャリアを飾る出来事のひとつです。レコーディング・アカデミー、CBSの関係者の皆さんには、40年も私のヴィジョンにご支援、ご信頼をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです」と、エンリッヒ氏は声明を発表した。

「また、長年授賞式に携わってきた良き仲間たち、そしてもちろん、毎年授賞式のステージで創造性と才能を発揮してくださる素晴らしいアーティストの方々とご一緒できて、私は本当に幸せ者です」

まもなく退任するレコーディング・アカデミーのニール・ポートナウCEO兼会長もコメントを寄せた。「グラミー賞と音楽業界に残したケンの偉業は、みなさまご周知のとおり、数々の伝説を生んだ業績やヴィジョンに現れています。私は彼の任期のほぼ半分を共に過ごし、彼のヴィジョンや類まれな音楽の知識を目の前で目撃してまいりました。彼は片時も情熱を惜しまず、実に見事な結果を出して、人々の記憶に残るグラミー賞の名場面を送り出してきました。40年という節目を共に祝うことができ、大変光栄です」

エンリッヒ氏の授賞式采配に関しては、近年論争の的となっていた。ロードやフランク・オーシャン――グラミー賞のプロデューサーを「老いぼれ」呼ばわりした――といったアーティストらの怒りを買った他、アリアナ・グランデは、授賞式のステージで歌う楽曲の選択権を与えられなかったとしてエンリッヒ氏を非難。「クリエイティビティを奪われた」として、2019年の授賞式を辞退した。

エンリッヒ氏はローリングストーン誌とのインタビューで、グランデの主張に反論した。「周りからは止められていますが、あえて私の言い分を言わせていただきましょう。彼女が私について何を言おうと構いませんが、私が何よりひっかかったのは、私が協力的ではないという彼女の発言です。実際のところ――気になったことを、真夜中に書き出してみました。まあ、それでどうこうするわけではないんですけれども。(私が協力的でないかどうか)クリスティーナ・アギレラに聞いてみてください。私は彼女にジェームス・ブラウンの”マンズ・マンズ・ワールド”をやってくれとお願いしました」とエンリッヒ氏は語り、こう付け加えた。

「メリッサ・エスリッジにも聞いてみてください。私はガンの治療を終えたばかりの彼女を起用し、彼女はスキンヘッドでジャニス・ジョプリンを演奏してくれました。リッキー・マーティンにも聞いてみるといい。彼は一夜にしてラテン音楽革命の寵児となりました。メアリー・J・ブライジはステージで”ノー・モア・ドラマ”をやるのを死ぬほど怖がっていました。私が彼女と一緒に形にしたんです。あの時出演したH.E.R.にも聞いてみてください」

あわせて読みたい

「音楽」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。