記事

「潮風に当たるとボクは元気になる」人口200人の離島で進次郎が久しぶりの笑顔を見せた 選挙戦は「不慣れな猟官運動」だったのか――ルポ参院選2019 #7 - 常井 健一

1/2
「ワイドショーの主役」小泉進次郎の遊説を支える鉄壁の自民党軍団 から続く

【写真】遊説する小泉進次郎の写真をすべて見る(全23枚)

 令和に入って初めての大型国政選挙となった今回、小泉進次郎は17日間の選挙戦中、全国17の選挙区を応援に回った。北海道、秋田、岩手、宮城、山形、福島、茨城、神奈川、新潟、長野、三重、滋賀、香川、愛媛、大分、佐賀、長崎。地元の神奈川、複数区の茨城と北海道、そして自民党現職が優勢の佐賀を除けば、いずれも自民党候補が苦戦を強いられた激戦の1人区である。

 だが、応援の密度はこれまでと大きく異なった。3年前の前回の参院選は1日長い18日間だったが、あわせて21の選挙区に入った。最後の3日間だけで20か所の街頭に立った。それが今回のラストスパートは9か所と、前回の半分以下にとどまった。

「小泉が入りたくないと言っている選挙区」の噂

 公示される1か月ほど前、小泉は自らに近い現職候補の決起集会でスピーチした際、こんなことを述べていた。

「この夏の参院選では全国を回ることになりますが、私が応援する方の中にもいろんなタイプがあります。応援に行けと言われて行く人か、状況が厳しいから行かなきゃいけない人か、行かなくても大丈夫だけど私から『行かせてくれ』と言って行く人か」

 同じ頃、永田町では「小泉が入りたくないと言っている選挙区」がまことしやかに語られ、党内では物議を醸した。結局、小泉はその選挙区に入らなかったので、噂は間違っていなかったようだ。党本部も彼を気遣ったのだろう。

 一方で、候補者本人と揃い踏みする会場は少なかった。

「今日、私は県内を何か所も回っているけど、○○さんとは一度も会いません。それでいいんです」

 小泉は自虐的な振りで、聴衆の笑いを誘う。劣勢に立たされた選挙区では、候補者がいようがいまいが、本人の弱点や悪評を大勢の前であえて取り沙汰した。これは高度な応援技術なのか、受け狙いなのかよくわからない演説が目立った。

「Who are you?」という疑問が残ったまま

 最も残念だったのは、自ら「全国行脚のテーマ」として掲げた年金問題のことである。小泉は遊説を丸1日休んだ7月16日以降、その問題に一切触れなくなった。

 たしかに、選挙も終盤戦に入れば、個別の政策を訴えている場合ではない。だが、小泉は公示直前にあるネットメディアに仕掛け、厚生労働部会長として進めてきた社会保障改革の詳細を拡散させるまでして、周到に「見せ場」を整えてきたはずだ。

 本連載でも小泉が社会保障を考える視座に着目し、遊説を通じた国民との対話の中で彼の構想が日に日に磨かれていくものかと期待していただけに、少々面食らった。

 19日の昼、小泉はなぜか4日ぶりに年金問題を持ち出した。

「年金は高齢者の問題。それは違います。若い人だって同じです。『どうせもらえないんでしょ?』と思っている方が多い。そんなことありません。年金が崩壊する、破綻すると言っている人がいます。だけど、それは嘘です。世の中おもしろいですよ。前向きなことを言うより不安を煽った方がもっともらしく聞こえるんです。だから、不安を煽る人がいっぱいいるんです。私はそんなことに与さない」(秋田県鹿角市での演説より)

 小泉は山あいの駅前で行った演説の中で、「パート」「非正規」「氷河期世代」という単語を口にした。この連載の#4でも指摘したが、選挙戦16日目にして初めてのことである。「私も就職氷河期の世代」とも言った。

 突然どうしたのだろうか――。

 会場の報道エリアに目をやると、NHKのテレビカメラがあり、近くには東京から来た同局の番記者の姿があった。演説会終了後、小泉は記者に軽く会釈をした。

 その晩、19時と21時のニュースでその映像が取り上げられた。おそらく、小泉は事前に全国放送されることを知らされていたのだろう。私は「彼らしいパフォーマンスだ」と唸った。

 私は今回、小泉が17日間で回った61の演説会場のうち、半分以上の会場に足を運んだ。人気弁士の能弁ぶりに圧倒されるような毎日だったが、社会保障政策の大手術を前にした国民への「インフォームド・コンセント(十分な説明に基づく同意)」は、自民党厚生労働部会長の口からとうとう果たされることはなかった。

 小泉進次郎という政治家は、誰のために年金制度を改革したいのか、どんな体験をもとに国民の命を預かろうとしているのか。「Who are you?」という疑問が残ったまま、夏の参院選が終わろうとしている。

「政治家イコール政策で世の中が動くわけではない」

 今回、とても印象に残っている小泉の言葉がある。

「政治家にとって一番怖いのは、なんにも声をかけてこなくて黙々と見ている人の眼なんです。一体、応援するという気持ちの眼なのか。それともやっぱりダメだと思って見られている眼なのか。いろんなことを考えて悩みます。(中略)

 政治家イコール政策で世の中が動くわけではない。政治というのは面白いですよ。Aという政治家、Bという政治家、Cという政治家。3人の政治家がいて同じことを言ったとしてもAさんの言うことなら聞こうとなる。最後、政治は人がやるんです。政策は1人ではできません。多数が必要です」(7月13日、愛媛県新居浜市での演説から)

 人気先行で「何もやっていない」と言われ続けてきた政治家は今、狂おしいほど「成果」にこだわっている。だが、こうした演説を聞かされると、きっと彼はどんなに言葉を尽くそうと、自分はまだ「Aという政治家」になりえていないという諦念を抱いているのかもしれない。

 全国行脚の移動中、周囲に「明るく行こう」と妙に繰り返している様子を見ながら、私は社会保障をめぐる「体重と体温が乗った言葉」がなかなか繰り出せず、どこか浮かない顔をしている彼の胸の内がずっと気になった。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  8. 8

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  9. 9

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  10. 10

    水道民営化=値上げ?誤解誘う投稿

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。