記事

河野洋平氏が総理になっていればアジア関係は今とは違ったか

河野洋平氏は野党転落時に総裁を務めた(共同通信社)

政治のプロが選ぶ「総理になってほしかった政治家」

N総理になってほしかった政治家は誰?

 過去の政治の転換点で、「もしもこの政治家が総理になっていたら、“国のかたち”は違っていたかもしれない」と期待された人物は少なくない。

【ランキング】政治のプロが選ぶ「総理になってほしかった政治家」は?

 日本政治の分水嶺はどこにあったのか──参院選(7月21日投開票)を前に検証することには重要な意味がある。本誌・週刊ポストのアンケートで政治家OB、政治記者、評論家ら30人が「総理になってほしかった政治家」を選んだ(別掲表)。

 1995年、野党に転落した自民党は河野洋平氏(9位)を総裁に据えた。宮沢内閣の官房長官時代に従軍慰安婦問題に関する「河野談話」を出したことで知られる人物だ。元朝日新聞政治部長の薬師寺克行氏(東洋大学教授)が語る。

「河野談話が弱腰外交だと批判されていますが、日本が近隣諸国に信頼されるために尽力した人です。河野氏は米国一辺倒ではだめだと考えていた。総理になっていればアジアとの関係は今のように冷めきったものではなかったかもしれません」

「軍人、変人、凡人の戦い」と田中真紀子氏が評したのが橋本(龍太郎)内閣退陣後の総裁選だった。「軍人」とは陸軍士官学校出身の梶山静六氏(7位)で、派閥の枠を超えた支持を集め、「凡人」小渕恵三氏、「変人」小泉純一郎氏と戦って大健闘した。このとき梶山氏を「政治の師」と仰ぐ菅義偉・官房長官も小渕派を抜けて行動を共にした。結果、小渕氏が勝利した。

 元共産党参院議員の筆坂秀世氏が言う。

「梶山さんは強面で武闘派と呼ばれたけれど、根っこは反戦主義者で平和主義者。橋本政権で普天間返還を合意したときも官房長官として沖縄に寄り添っていた。軍を経験しているからこその統率力と強い意思で弱者に寄り添う梶山首相の姿を見たかった」

 これからポスト安倍時代の総理・総裁選びが始まる。パッとしない顔ぶれに国民は、「誰が総理になっても政治は変わらない」と思いがちだが、そうではない。過去、自民党内の政治力学で“総理になれなかった政治家”たちをみると、トップの人選で国の針路が大きく変わり、国民生活に重大な影響を与えてきたことがわかるのである。

※週刊ポスト2019年7月19・26日号

あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  3. 3

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  6. 6

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  10. 10

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。