記事

八村塁を「いつかベナンで大統領に」とゾマホン


 日本人初となる「NBAドラフト1巡指名」で、ワシントン・ウィザーズに入団した八村塁。現地時間7月7日(日本時間6日)のサマーリーグ第2日のペリカンズ戦で実戦デビュー。14得点、1アシストの成果をあげ、チームの勝利に貢献した。

 八村の少年時代をよく知る意外な著名人が、ベナン共和国の元特命全権大使・ゾマホン。八村の父親とは「25年以上前から兄弟のような存在」だ。

「塁の父親のザカリとは、ともにベナン共和国出身で同じシルヴァ系民族。彼が日本に来た3人めのベナン人で、私は4人め。毎年会ってるし、赤ちゃんのころの塁を何度か抱っこしたこともあるよ。

 ザカリは『身長が高いから塁には絶対スポーツをやらせる』と言っていたけど、ここまで大成するとは予想できなかったね」

 八村父の母国・ベナンで、浴衣や小物を製造して日本で販売する「シェリーココ」を経営する川口莉穂氏は、現地での八村の評判についてこう語る。

「ベナンでは、NBA自体を知らない国民が多いので、現在はあまり知られていないようです。でも今後は、八村さんをきっかけに、日本とベナン両国の繋がりを意識する人が増えるのではないでしょうか」

 また、駐日ベナン共和国大使館は、父・ザカリ氏の “歓待” に興奮の声を寄せた。

「父親のザカリ・ジャビル氏は、ベナンに毎年里帰りされています。昨年は、駐日ベナン大使を、バスケ世界大会の『日本-イラン戦』に招待してくださいました。八村選手はその試合でMVPに選ばれ、たいへん嬉しい出来事でした」

 日本に住むベナン人は92人。新しいヒーローの誕生に、非常に盛り上がっているそう。ゾマホンも「彼をいつか大統領にするよ!」と大きな夢を語った

(週刊FLASH 2019年7月23・30日号)

あわせて読みたい

「八村塁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  5. 5

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  9. 9

    今の改正案では医療崩壊を防げぬ

    玉木雄一郎

  10. 10

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。