記事

「野党は反対ばかりしている?」を客観的にデータ検証してみた@2019年版

2/2

◆立憲民主党は、104本の法律案を国会に提出している

「野党は対案を出さずに批判ばかりしている。」

これもよく聞こえてくる発言ですが、これは客観的な事実でしょうか?

ちなみに立憲民主党は、結党後開会された第195回国会から第198回国会までの約一年半の間に104本の法律案を提出させて頂きました。



この中には、

「ギャンブル依存症対策基本法案」

「原発ゼロ法案」

「子どもの生活底上げ法案」

「隠蔽情報公開促進法案」

「手話言語法案」

◆立憲民主党提出 議員立法一覧↓↓

https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vTfayfaztDuXZJW4G2TbRvzr0CmoVkvbaEO4kgjMFPwmdCM5G_0y-qAyrCyx15Iq6qK7H6TWbLlX2Fg/pubhtml?gid=0&single=true

など、皆様にお約束をした公約や政府案への対案などが多く含まれております。

しかしながら、今の政権与党はあまりにも数が多く、審議する法案や内容も自分たちの都合で決めることができます。

その結果、野党が法案を提出しても、原発ゼロ基本法案など審議され、報道に流れることで争点にされたら困る法律案などについては、政府与党が審議自体を拒否し、都合の悪い法案は審議すらしていただけないというのが、現実です。

原発ゼロ基本法案について、2018年3月4日に行った東京新聞の世論調査によれば、原発を何かしらのかたちでゼロにしたいと考えている方は75%おりまして、国民の多くが原発はゼロの方が良いと考えております。

その状況で野党が提案する原発ゼロ基本法案が審議されると、メディアを通じて広く国民に情報発信がなされ、世論が喚起されてしまうと原発を推進したい政府与党にとって、都合が悪いのです。

こうした法律案は他にも多数ございまして、195国会から197国会の間に野党議員のみで提出した法律案152本中、与党が委員会審査・本会議審議に応じた数は、わずか13本(8.6%)でございました。


また195国会から198国会の間に野党議員のみで提出した法律案204本中、与党が議決に応じた数は、わずか7本(3.4%)でございました。


https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vRP7b0ylQIK0jPVlDN93QHDZA9FroReBp5-RTQBdT8j8ZM3xq47G3Xj8LLOnjStilJldpFcv3Y-pifO/pubhtml?gid=735666529&single=true

歴史上、権力は必ず腐敗するという格言がありますが、政権与党が自分たちの意見のみを反映させた政府提出法案の成立を優先し、対案である野党提出法案を殆ど審議すらせず、蔑ろにしている現状は健全な民主主義とは程遠いと思います。

国会の現状は、

「野党は対案を出さずに批判ばかりしている。」のではなく、

「野党が対案を出しても政権与党が審議を蔑ろにしている。」がデータから導き出される正しい見解です。

◆その情報は客観的であり、根拠があるのか?常に見つめ直すことが重要

これらの数値や実態を客観的にみて、野党は対案も出さずに政権与党の反対ばかりしていると仰る方はまずいないでしょう。

様々な場所で、「野党は対案を出さずに反対ばかりしている」という人々は、どのような根拠をもとにそのような発言をしているのかわかりませんが、客観的な事実に基づいた意見でないことだけは間違いありません。

あえて申し上げさせて頂くとすれば、そのような意見を述べる方々は、偏った情報収集により物事を判断し、客観的に物事を見ることができおらず、定量的なデータではなくステレオタイプで物事を判断する傾向があり、自分と違う意見は、2割程度の少しでも気に入らず、耳を傾けようとしていないと言えるのではないでしょうか。

また最近、年金問題に関して「野党は年金を政争の具に…うんたらかんたら」と仰る政権幹部や与党支援者の方がおられますが、こんな面白い記事が出ておりましたので、ご紹介させて頂きます。

第一声分析 各候補の戦略、個性表れ

https://www.kanaloco.jp/article/entry-179987.html

↑神奈川新聞 記事より引用

これは参議院選挙において、神奈川選挙区の各候補が行った演説がどんな内容であったかということを客観的に示したデータでございますが、野党候補は殆ど年金の話に触れていないのに対して、与党候補は火消しに躍起なっているのか、演説の半分以上を年金の話に割いているということがデータから導き出される事実です。

このデータを見て、言い訳や印象操作を行っているのは、一体どこの誰かということは一目瞭然だと思います。

さらに、安倍晋三首相の「悪夢のような民主党政権」という言葉に代表されるような政権幹部から発信される「民主党政権よりはマシ」という趣旨の発言も信憑性はいかがでしょうか?

少なくとも、民主党政権時の2012年頃と比べて、賃金は3.6%減少し、消費は1割近く低下をしました。

経済の成績表である実質経済成長率は、民主党政権時の2010年から2012年は1.8%ですが、現政権の2013年から2018年は1.1%。

日本経済新聞の世論調査によれば約80%の方が景気回復を実感していない。

その他にもあげればキリがありませんが、経済がよくなった、よくなった、よくなったと刷り込みのように言われ続けたアベノミクスの実態と民主党政権時代の経済状況を是非客観的にご覧頂きたいと思います。


メディアが急速に多様化してゆく中で、正しい判断をする前提として、まず大事なことは正しい情報やデータをもとに物事を考察することだと思います。

今の時代は、報道や情報を鵜呑みにせず、その真偽を慎重に確かめながらファクトチェック(事実がどうか確認)を行い、真実を客観的に判断するメディアリテラシーの向上が求められております。

この記事を読んでいただいた皆様におかれましては、有益な情報を取り入れるために、先入観や固定概念を捨て、様々な事象をファクトベースで俯瞰的にご判断していただけましたら幸いです。

立憲民主党
衆議院議員
中谷一馬



あわせて読みたい

「参院選2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  5. 5

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  6. 6

    電車内の感染 特定できないだけ?

    諌山裕

  7. 7

    朝日の布マスク報道に感じる悪意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    30カ国からアビガン要望 提供へ

    ロイター

  9. 9

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  10. 10

    日本人の習慣が感染予防に効果か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。