記事

豊胸手術が招くトラブル例、リスク避ける検診方法

豊胸したのは「若気の至り」と話す(撮影/稲葉信彦)

主な豊胸手術の種類

「全国美容医療実態調査報告書」(2018年・一般社団法人日本美容外科学会)によると、1年間で行われた豊胸手術数は1万1486件。胸を大きくきれいに見せたいという女性たちの願望は、かなえられる時代になった。医療の進化で身近になった豊胸手術だが、その医療業界では今、重大なリスクに注目が集まっている。

【表】主な豊胸手術とリスクが丸わかり

 乳がんを患ったことをスポーツニッポン(7月10日付)の取材で告白したのは、作家でタレントの室井佑月(49才)。7月初旬に右胸に違和感が生じたという。触ってみるとしこりがあり、病院へ。ステージIの乳がんでリンパ節には転移していなかった。8月9日に右乳房の一部を摘出する手術を受ける予定だ。

「室井さんは糖尿病持ちのため3か月に1度の血液検査を受けていたものの、乳がんの検査であるマンモグラフィーは受けていませんでした。その理由について彼女は『若い頃に豊胸手術をして、乳房の下に生理食塩水を入れたから、検査が受けられなかった』と明かしたのです」(スポーツ紙記者)

日本国内でも初めてリンパ腫発症報告が

 豊胸手術が招くトラブルは、これまでも多くの報告がある。2011年には、フランスのポリー・アンプラン・プロテーズ社が製造した豊胸用シリコンバッグが破裂する恐れがあるとして、仏保健省がシリコンを摘出するよう勧告。同社のシリコン使用者は世界65か国以上、約50万人に達していたため世界中で騒動となった。

 同年には同社のシリコンバッグを使って手術したフランス人女性が、血液のがんの一種である「未分化大細胞型リンパ腫」で死亡した。

 今年6月には、がんで切除した乳房の再建や豊胸手術などで使う「ゲル充填人工乳房」が原因とみられる「未分化大細胞型リンパ腫」の症例が日本国内で初めて報告され、厚生労働省は医療機関に対し、情報共有の徹底を促した。

 この患者は17年前に当時未承認だった人工乳房を入れる手術を受け、現在もリンパ腫の治療中だという。ナグモクリニック総院長で乳腺専門医の南雲吉則さんが言う。

「人工乳房としてシリコンを入れたまま長年放置すると、周囲の組織にリンパ腫が発症するリスクが指摘されます。国内の症例は1件のみですが、人工乳房の周囲に腫れや痛みなどがあれば、念のため受診してほしい」

 豊胸後のリスクを避けるには、定期的に乳がん検診を受けることが何より大切だ。

「豊胸手術後の患者でも、乳がん検診を受けられる医療施設は存在するので、医師に相談してみてください。実際に検診を受ける際は、マンモグラフィーだけでなく超音波検査(エコー)も併用すれば、より精度が高くなって見逃しリスクが減ります」(南雲さん)

 さらなる精度を求めるなら乳房MRI(磁気共鳴画像診断)という手もある。

「MRIでは、乳がんだけでなく、バッグの破損も見つけられます。ただし乳房MRIは導入施設が少なく自由診療となることも多いので、注意してください」(南雲さん)

 選択肢が豊かになった今だからこそ細やかなケアを心がけたい。

※女性セブン2019年8月1日号

あわせて読みたい

「美容」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。