記事

ジャニー喜多川氏から教え子・中居正広に受け継がれた哲学

1/2
中居正広に受け継がれたジャニー喜多川氏の哲学とは

 7月13日、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)で中居正広が「トークのスキルを最初に見出してくれたのがジャニーさんだった」「“細かいことを積み重ねなさい”と勉強させてもらいました」と7月9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長への感謝を述べた。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で、ジャニー氏に関する秘話も豊富に綴っているライターの岡野誠氏が2人の共通点を考察する。

【写真】中居正広と交際継続の振付師女性、左手薬指に光る指輪

 * * *
 人は、何かと“自分のほうが優れている”とアピールしたくなるもの。後輩ができると講釈を垂れ、「俺たちの頃は」と口癖のように話す人もいる。だが、本当に話を聞きたくなる人ほど、自分から何かを語ることはない。

 ジャニー喜多川氏は自伝の出版をしないまま、生涯を終えた。そんな彼の哲学とは何だったのか。これまで残した言葉を読んでいくと、ある傾向が浮かび上がってくる。

 1970年代後半に低迷していたジャニーズ事務所を、再興させたのは田原俊彦、近藤真彦、野村義男の3人だった。彼らは、1979年の『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒役をきっかけにブレイク。1980年6月21日に田原俊彦が『哀愁でいと』、12月12日に近藤真彦が『スニーカーぶる~す』で歌手デビューし、ヒットチャートを席巻していく。3人が“たのきんトリオ”として、映画『グッドラックLOVE』をヒットさせていた頃、ジャニー氏はこう語っていた。

〈これからのことはよく聞かれるんですが、彼等はまだ20才前ですから10年後のビジョンはもちろん2~3年後のプランも今はありません。というのも今、現実にあることを精一杯やるという姿勢をあの子達に教えられたんです〉(コンフィデンス・1982年1月11日号)

あわせて読みたい

「ジャニーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。