記事

・・・・・・・・・・。

言葉を失ってしまった。

様々な思いが脳裏を駆け巡っているのだが、一向に言葉を結ばない。

33名もの方がお亡くなりになったという。
何の罪とがもない善良な市民の方々が、一人の放火犯の狂気の犠牲になってしまった。

ひたすら哀悼の誠を捧げるしかない。
こんな理不尽なことはない。
さぞ無念だったろう。
あっという間の惨事で、無念という思いすら浮かばなかったのかも知れない。

お亡くなりになった方の外に、多くの負傷者もおられるようである。
心からお見舞い申し上げると共に、一日も早いご回復をお祈りする。

沸々と怒りが湧いてくる。

何がこの放火犯の凶行を招いたのかを知りたい。

目下の報道では、まだ何も分からない。

この凶行を防ぐ方法があったのか、なかったのか。
犠牲になられた方々や負傷者の方々及びその家族の方々に対する補償や見舞が十全に行われるか否か。
同種事犯の再発を有効に抑止する方策があるのかないのか。

様々な思いが去来している。
秋葉原事件のことを思い起こしている最中である。

あわせて読みたい

「京都アニメーション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。