記事

年間180冊読んでいた芦田愛菜、本棚にある気になる5冊


本の魅力について語る芦田愛菜

活字中毒ぶりを明かした芦田愛菜

『まなの本棚』を刊行!

 女優としては“天才子役”として名をとどろかせ、学業では偏差値70超えの超難関中学校に進学。そんな芦田愛菜ちゃん(15才)の支えとなったのが、たくさんの本との出会いだった。愛菜ちゃんの愛する「本棚」の一部を初めて公開する。

【写真】笑顔で本について語る芦田愛菜は本当に楽しそう!

《とにかく文字を読むことが好きなんです! 本や読むものが手元にない時は、たまたま置いてあった調味料のビンの裏に書いてある「原材料」「製造元」なんて文章を読んでいるくらいです(笑い)》

 そう“活字中毒”ぶりを明かしたのは芦田愛菜ちゃん。愛菜ちゃんが自身の「本好き」「活字好き」について赤裸々に明かした著書『まなの本棚』(小学館刊)が、7月18日に発売された。

「愛菜ちゃんがデビューしたのは6才。ドラマ『Mother』(日本テレビ系)で虐待される少女役を熱演し“天才子役”の名を欲しいままにしましたが、その頃から楽屋でも、移動中の新幹線でもずっと本を読んでいたのは有名な話です。

 それから7年が経った2017年には女優として多忙な中、偏差値70超えの超難関名門私立中学校に合格しました。

 愛菜ちゃんは小学生の時は年間180冊の本をリアルに読んでいた。これまでどんな本を読んできたのかはほとんど明かされてきませんでしたが、今回は絵本から海外作品までお気に入りの本が紹介されるということで、世間の母親世代から大注目を集めていますよ」(芸能関係者)

 愛菜ちゃんの“天才脳”をつくったのは、まぎれもなく「読書」といわれている。

「愛菜ちゃんにとって読書の魅力は“自分とは違う誰かの人生や心の中を知ること”だそうで、そんな『疑似体験』ができるのは、お芝居と読書との共通点だそうです。

 また、自分の想像力で物語の世界に入り込めることも読書にしかない魅力の1つで、“ページをめくるたびに広がる世界にどんどん吸い込まれていく”と熱く語っていました」(前出・芸能関係者)

 愛菜ちゃんにとって、読書はもはや日常の一部。著書によれば、歯を磨きながら本を読んでいたら内容に夢中になってしまい、20分も磨き続けていたということもあったという。

 電子書籍が普及した近年では、スマホやタブレットで読書を楽しむ人も多いだろう。しかし、愛菜ちゃんは、「モノ」そのものとしての本が好きだそうで《ハードカバーの新品の本は最初に表紙を開くと、製本でとじているノリがはがれてパキパキッと音がするのですが、これが、もうたまりません!》というのだから、筋金入りだ。

◆愛菜ちゃんがハマった女流小説家

 著書では、愛菜ちゃんが大切に思う「本棚」から100冊を厳選し、本への愛情を語り尽くしている。その中から、気になる5冊を紹介しよう。

 まず、彼女の好奇心を広げるきっかけになったのが、『花火の図鑑』(写真・文/泉谷玄作)。花火の仕組みや花火玉の中身を解説した本だ。

 愛菜ちゃんは、花火に限らずさまざまな生物や道具に対して“この中はどうなっているんだろう?”と気になることが多く、ボールペンの中が気になって分解したこともあるという。花火のように自分で中をのぞくことができないものは図鑑を開いて解決というわけだ。

 本書では、花火玉の中の断面図が載っており、花火を美しく見せるために職人がどのような工夫を凝らしているのかが強く感じられたそうだ。

 また、『学習まんが ドラえもん からだシリーズ』(キャラクター原作/藤子・F・不二雄)は、体の仕組みに興味を持つきっかけとなった。ドラえもんがのび太たちと体の中のさまざまな場所を巡っていくという設定で、消化の仕組みや骨や筋肉の働きなどの身体機能が、まんが仕立てで理解できるようになっている。

 本書を読んで自分の体で何が起きているのかを知り、驚きと不思議さでいっぱいになったという愛菜ちゃん。体への興味はどんどん深まり、小学3年生の頃には誕生日プレゼントに人体模型をおねだりしたのだとか。

 今でもその興味は尽きず、著書でも《「唾液っていい仕事してるな」って思うんです(笑い)。酸っぱい物を食べたら自然と唾液が出て口の中を中和するとか、普段は気にしていないけど、実は重要な役目をしているんですよ!》と語っているほどだ。

 考え方やものの見方が広がった本として紹介しているのは、『よろこびの歌』(著/宮下奈都)。主人公は音大附属の高校の受験に失敗し、普通科の高校に進んだ女子高生。毎日どこか楽しめずにいた彼女が、合唱コンクールの指揮者を任されたことから日常が変わっていく。本書は、6人の登場人物の視点から描かれた7つの短編で構成されており、《いろんな角度から一つのできごとを見ることができて、物語をよりいっそう深く読み込めるのが楽しい》と愛菜ちゃんは綴っている。彼女は、本書をきっかけに身の回りのことに対しても「実はこういうことなのかもしれない」と別の受け止め方ができるようになったことを明かした。

◆外見だけに惑わされないように…

 お気に入りの海外文学についても触れられている。その1つがカフカの名作『変身』だ。ある日、大きな「毒虫」に変身した男の人生を描いた作品で、最初は心配していた家族も次第に男を邪険に扱う様子が描かれる。愛菜ちゃんは、「形や外見が変わったら、それまでのように大切に思えなくなるのだろうか」とショックを受けたそう。

《この物語は、「人を形で判断していませんか? ちゃんと相手の中身まで見ていますか?」という警鐘のように思えます》と綴り、外見だけに惑わされず正しい判断ができるようになりたいという教訓を得たという。

 一度読み始めたら止まらない本の一冊として挙げているのが『ツナグ』(著/辻村深月)だ。登場人物が、使者「ツナグ」を通じて死んだ人と一夜だけ再会し、生前に伝えられなかった思いを伝えるというストーリーで、5つの短編から構成される。

 なかでも愛菜ちゃんが感情移入したというのが、亡くなった親友と再会した女子高生の物語。女子高生と親友双方の気持ちを考えてとても切なくなり《時間は巻き戻せないからこそ、後悔しないために、毎日、前向きな気持ちを失わないでいたい》と感じたのだそうだ。

 この本をきっかけに、辻村作品にハマったそうで、著書では辻村さんとの対談も収められている。

 ほかにも、不朽の名作からちょっとマニアックなものまでが幅広く取り上げられ、愛菜ちゃん流の読書術も紹介される。彼女と同年代の子供たちはもちろん、大人にとっても本の新たな魅力を教えてくれる一冊が見つかりそうだ。

撮影/浅野剛

※女性セブン2019年8月1日号

あわせて読みたい

「読書」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    都合がよければ専門家の意見を聞き、悪ければ黙らせる 五輪巡る政府対応は納得できぬ

    小宮山洋子

    06月19日 16:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。