記事

お金持ちになれないのは自分自身の「貧乏マインド」のせい


昨日は「お金の科学者」ことミアン・サミさん(写真)の出版記念セミナーにゲストとして登壇しました。

サミさんはご両親はパキスタン出身ですが、日本で育ち、今も家族と東京に暮らす日本人です。金融機関の出身で、お金の教育をミッションにしているというキャリアが、私と良く似ています。

そんなサミさんを、私は日本では数少ない本当のお金の専門家だと思っています。それには次のような理由があるからです。

1.投資信託や株式といった金融商品だけではなく、不動産や暗号通貨まで幅広い投資対象に知識と経験を持っている

2.投資のテクニックの前に、お金にポジティブになる「貧乏マインド」からの脱出が重要であることを理解している

3.資産形成を長期で続けるに必要な共に成長していく「仲間」作りを大切にしている

4.資産運用にはなるべく時間をかけない「仕組み化」を重視している

5.資産の運用だけではなく、良い「借金」の重要性も説いている

6.勉強しても行動しなければ、結果が出ないことを教えている

7.これらのことを自らの経験を踏まえ、クリアに楽しく説明する高いプレゼンテーション能力がある

日本にいる多くの「お金の専門家」が金融資産の販売ばかりにフォーカスし、アセットアロケーションよりも銘柄選択や投資タイミングばかりに多くの時間を割いています。

それよりも、お金に対するメンタルブロックを解放し、実物資産にも投資対象を広げ、お金がお金を生み出す「仕組み」を作ることが大切です。それによって、お金だけではなく時間の自由も手に入れることができます。

サミさんのプレゼンテーションを聞いていて、思い出したのは以前にもこのブログでご紹介したアリババグループ創業者ジャック・マー氏の「貧乏マインドに関わってはいけない」という動画です。

この動画で言われている通り、言い訳ばかりして、いつまで経っても行動しない「貧乏マインド」から抜け出さないと、人生は今のままで終わります。昨日もせっかくセミナーに来て、たくさんの学びがあったのに、勉強したことを、行動に移せない人がたくさんいました。自らが行動しなければ、人生は変わりません。

サミさんとは8月17日にもこんなセミナーを一緒にやることになっています。

正しいお金との付き合い方を学び、貧乏マインドから脱出する「行動のきっかけ」が欲しいという方の参加をお待ちしています!

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計22万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年7月19日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「富裕層」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  4. 4

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  6. 6

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  7. 7

    決断力なき小泉環境相の評価急落

    天木直人

  8. 8

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    安倍・中曽根比較のコラムが秀逸

    海住恒幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。