記事

【読書感想】共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

1/2

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る
作者: ゆうこす
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2019/05/31
メディア: 単行本
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る (幻冬舎単行本)
作者: ゆうこす
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2019/05/30
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
ゆうこすはただのインフルエンサーじゃない、次世代の起業家だ! ―堀江貴文

ゆうこすは「発信」より「共感」のほうが強いと完璧に理解している! ―アル株式会社 代表取締役 けんすう(古川健介)

"私らしく"生きる。ゆうこすとは、その尊さと方法論を同時に示してくれる、唯一無二の教科書である。 -SHOWROOM株式会社 代表取締役社長 前田裕二

応援される人になるのが成功の最短ルート!
失敗も成功も味わったから語れる、ファンづくりから仕事を切り拓くまでのすべて
SNSでいちばん大事なことを、教えてくれる1冊

 正直、僕はこういう、著者の顔が表紙にバーンと載っているビジネス本って、「守備範囲外」なのです。
 元HKT48で、発信しているテーマが「モテる」とか言われても、ああそうですか、造形に恵まれた人生ってうらやましいですね、という感じです。

 ああ、なんでこんな本を読んでしまったのだろうか。
 嫌い嫌いも好きのうち、なのか、書店で表紙を何度も眺めているうちに気になってきて、Kindle版が少し安くなっていたので、読んでみました。

 率直な感想としては、SNSに限ったことではないのですが、多くの人に応援され、お金を稼げるようになるには、「自分を知ること」そして、「SNSでの振る舞いかたを知ること」が大事なのだなあ、と。

 敵を知り、己を知れば百戦危うからず。
 孫子の兵法は、ネット時代にも生きているのです。

 読んでいて、倉持由香さんの本を思い出しました。

fujipon.hatenadiary.com

 ネット(とその利用者)を自分の味方にするため、そして仕事やお金に結びつけるためのノウハウが、彼女たちの話には凝縮されていて、「ネットで自由に生きる!」と叫んでいる、にわかインフルエンサーたちよりも、より実践的で長続きするように感じます。

 どうせ自分はモテないし、見栄えが良いわけではないし……と僕などは妬み嫉み全開になるのですが、安田大サーカスのクロちゃんみたいに、「クズキャラ」だって、貫けばかなりの需要があるのです。

 考え方によっては、同じような人がどんどん登場してくるであろう「モテ」とか「グラビア」よりも、「中年のオッサンが、この本を参考にして、自分のSNSでのつぶやきやプロフィールを工夫する」ほうが、他者と差別化できるのではないか、とも思います。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  6. 6

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  9. 9

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  10. 10

    立民 与党から予算委開会の要求

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。