記事

ホームレスの人たちを拒絶する「排除アート」が街中に仕掛けられている現状

1/2
「反ホームレス施策」なるものが、世界各地でかれこれ何十年にもわたり ”当たり前” のものになっている。徘徊禁止法、座りこみ禁止条例などあからさまなものから、街の設備や公共スペースに埋め込まれているものまで、そのかたちはさまざまだ。

所有者や考案者が意図した人以外の利用を妨げる “やさしくない” 設計 ー「排除アート」と呼ばれることもあるー が、都市デザインの潮流としていろんなかたちで見られるようになっており、その矛先は他でもないホームレスの人々に向けられている。すでに社会の片隅に追いやられ、休憩や眠れる場所を探している彼らが、公共スペースを利用しづらくなっている米国の事情についてレポートする。

**

有名書店の店先にスプリンクラー、事例に事欠かない米国の現状

米国の主要都市でも、その悪質な事例がはっきりと目に見える形で広がっている。
2013年、ニューヨークのグリニッチビレッジにある老舗書店「ストランド・ブックストア」では、この店を象徴する日よけ部分にスプリンクラーを取り付け、この下に居場所を確保しようとする人たちに水をまくようになった。

シアトルでは2018年初め、子どもを含む野宿者が集まっていた一帯を警察が一掃、18台収容できる自転車置場がつくられた(自転車に乗る人はほぼいない地域だというのに...)。

2019年1月にはオレゴン州ポートランドのセブンイレブン店舗で、店員いわく「ホームレスの人々を追っ払うため」、アラーム音のようなけたたましい音を店の外で鳴らし、ニュースになった(その後、この店は市の規制に違反していると通告を受けた)。

INSP_Hostile Architecture_10
写真:Street Roots2019年1月、ポートランドーのセブンイレブン前の歩道で、けたたましい音が鳴り響くなか眠っている男性

ポートランドのホームレス住宅支援組織「トランジション・プロジェクツ」で公共政策・資金調達シニアディレクターを務めるトニー・バーナルは、この街のデザインについてこう話す。「”やさしくない設計”の出現が、住宅不足の危機をいっそうひどくしています。ホームレスの人々が安全に休める場所が、屋内・屋外ともに全く足りていません」

ホームレス生活者のなかには、シェルターよりも公共スペースで夜を過ごす方が無難と感じている人も多い。しかし街の設計が邪魔して、寝る場所を見直さざるをえないのだ。こうした街では、日中に提供される支援サービスも決して利用しやすいものではない。つまり彼らは、昼も夜も、落ち着ける場所からどんどん追いやられているのだ。

INSP_Hostile Architecture_12
INSP_Hostile Architecture_13
INSP_Hostile Architecture_15
INSP_Hostile Architecture_16
写真:Jordan Halsallさまざまな都市に見られる排除アートの事例 (Instagram @defensivecityより)

カリフォルニア州の事例 ー ベンチの撤去、立ち小便防止ペンキなど

米国人口の12パーセント以上が暮らすカリフォルニア州もこの点に関してはかなり悪質で、州内の至るところでホームレスの人々を苦しめている。

同州サンフランシスコ市は、1990年代に観光名所の一つ「シビックセンター・プラザ」のすべてのベンチを撤去、2001年にはその近くにある国連プラザのベンチが深夜に撤去された。おかげで、日中に施設を訪れる人たちはどこに座ることもできず、ホームレスの人たちが寝床にすることもできなくなった。

同市ではいくつかの場所で「小便防止用ペンキ」も導入されている。これは紫外線で処理された塗料で、小便が跳ね返り、ズボンや靴にかかるようになっている。立ち小便防止のために考案されたものだが、ホームレスの人にとってはそれが“やむを得ない”こともある。他には、人が居付きそうなところに「装飾的な岩」が設置されたケースもある。

INSP_Hostile Architecture_1
INSP_Hostile Architecture_2
写真:TJ Johnstonサンフランシスコ・カストロ地区の公共図書館前に施された石を使った装飾。

州都のサクラメント市でも「排除アート」は多々見られ、ホームレスの人たちだけでなく社会全体が影響を被っているとみる人も少なくない。同市のストリート紙『Homeward Street Journal』(隔月発行)の責任者ポーラ・ロマッツィは言う。

「街の中心部に ”排他的な” デザインが多く取り入れられています。図書館の外にあったベンチが撤去され、アルコーブ(壁面の一部を後退させたくぼみ部分)にフェンスが設置され、水飲み場の蛇口に栓がされ、公園のスプリンクラーが奇妙な時間帯に作動する...こうした事例はすべて、ホームレスの人々が寄りつかないようにするためです。市当局の対策により、街の中心エリアが、買い物客を含むすべての人にとって、快適でない場所になってしまっています。」

INSP_Hostile Architecture_7
INSP_Hostile Architecture_8
写真:Paula Lomazziサクラメント市に設置されたスパイクなど反ホームレスな設計事例

フィラデルフィアー大規模改修を終えた「ラブ・パーク」のインクルーシブデザインとは

フィラデルフィア中心部にある公園「ラブ・パーク」は、2018年、2,600万ドル(約28億円)をかけた長期の改修を終え、“よりアクセスしやすく、よりインクルーシブに”という触れ込みでお目見えした。しかし、新しいベンチはカーブした形状で、細かい溝が入っているうえ、金属バーで仕切られている。

一体、誰がアクセスしやすくなったのか。インクルーシブという言葉に含まれるのは誰なのか。一般市民からも、ホームレスの人たちを一般市民の目に触れないようにするためのデザインではないかと抗議の声が上がっているが、市側はこれこそがインクルーシブなデザインと譲らない。

市民からの反発について聞かれ、市の広報担当者ケリー・コフランシスコは述べた。

「公園の改修にあたっては、この街のすべての人が利用しやすいよう“インクルーシブ”なデザインを重視しました。障害となっていた壁を取り除き、でこぼこの地形を整備し、やさしく快適なエントランスを設け、障害のある人や小さなお子さんがいるご家族なども使いやすくなっています」

「新しいベンチは、市全体で採用されている標準デザインを踏襲したものです。金属バーの仕切りを設けることで、多くの人が腰掛け、空間を共有してもらうことを意図しています」

「友愛の街」という愛称を持つフィラデルフィアだが、「エイト・ペンセンタービル」の壁には鋲(びょう)が打ち込まれ、8番街駅にあるベンチらしきものはうねった形をしている。2018年、2人の黒人男性が店内で長時間座っていたところを逮捕されたことで物議を呼んだスターバックスもこの街にある。その後、ソファ席を撤去する店舗も現れた。

INSP_Hostile Architecture_17
INSP_Hostile Architecture_18
写真:Jordan Halsallさまざまな都市に見られる排除アートの事例 (Instagram @defensivecityより)

コフランシスコは続ける。

「そもそも公園で眠る人がいるのはなぜなのか、そのことにコミュニティとしてどう対処しているのか、そのことの方が大きな問題です」

「まずは、この問いをアメリカ社会に投げかけるべきです。フィラデルフィアでは “私たち VS 彼ら” という発想はしません。ホームレスの境遇にある人々が支援サービスを受けられ、尊厳と敬意を持った扱いを受けられるよう一丸となって取り組んでいます。住民はもちろんのこと、この街で働く人たち、ビジネス関係者たち、観光でいらっしゃる人たちが、フィラデルフィアを米国一過ごしやすい街と感じてもらえたらと思っています」

「一般市民」と見なされないホームレスの人々

米国の多くの市当局は、ホームレスの人たちとその支援サービスをつなごうと日夜努力していることだろう。しかし、公共スペースで起きているこうした問題まで対処できていないのが現状だ。

テネシー州ナッシュビルのストリート紙『The Contributor』の責任者、キャシー・ジェニングズは言う。「路上生活者はコミュニティの一員でも隣人でもないのだから社会から追い出して構わない、排除アートはそんなメッセージを発信しているようです。このような姿勢は、どんな社会にとっても有害です」

公共スペースで歓迎されるのは誰なのか ーー 今、多くの都市がこの問いを突きつけられている。

公園のベンチの真ん中にひじ掛けを取り付ければ、そこで眠りたい人に「あなたは歓迎されていません」と言っていることになる。コンクリートの歩道にスパイクを打ち込めば、そこに座りたい人に「あなたは受け入れられていません」と言っていることになる。メッセージがより明確になるため、あえて説明書きの看板を立てる必要もない。金属とコンクリートがあれば十分なのだ。

INSP_Hostile Architecture_4
写真:Ken MartinワシントンD.C.の排除アート事例(地元のストリート誌『Street Sense』より)。

アダムズ・モーガン地域にあるベンチには人が横になれないよう柵が設けられたため、コンクリート部分にヒビが入っている。
こうした設計を ”防御的” と呼ぶこともある。一般の人が歩道を歩くとき、ランチしに公園を横切るとき、店の軒先で雨宿りがてら寝転んでいるホームレスの人たちを見かけることなどから「身を守る」必要があると言っているかのようだ。公共スペースは「一般市民」 以外の人たちから守られるべきと言っているかのようだ。市当局にとっては、ホームレスの人々はそこにいていい「一般市民」ではないのかもしれない。

INSP_Hostile Architecture_9
写真:Tyler Nix(Unsplash)LAのダウンタウン ー 排他的な設計のベンチでなんとか眠ろうとするホームレスの男性

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  2. 2

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  5. 5

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  6. 6

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  7. 7

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  8. 8

    「大人の対応」が通用しない韓国

    笹川陽平

  9. 9

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。