記事

ただ祈り、冷静になる


京都アニメーションの放火事件で亡くなった方のご冥福を祈る。

祈る。

ただ、ただ祈る。

「放火」という言葉では語れないほどの「大量殺戮事件」である。もっとも、事実はまだ明らかになっていない。放火をした人もまだ「容疑者」である。様々な推測で語ってはいけない。

署名運動が行われているが、あくまで応援、祈るものであり。容疑者の厳罰化、防犯のたの規制の強化の論理にすり替わらないことを祈る。さらには、政争の具、選挙のアピールに過度に利用されないことも。

文化に対する暴力だと捉えてしまうが、対象が誰であれ、これは大量殺戮だ。

ただ、まだ事実が分からない。

容疑者の属性によるレッテル貼りも危険だ。そして、それはその属性を代表しているとは限らない。どうせまた、容疑者の部屋があさられ、発見されたコンテンツに責任転嫁するかのような報道が行われるのだろう。

ただ悲しみ、祈りつつ、少しだけ冷静になろうと思う。

あわせて読みたい

「京都アニメーション」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  3. 3

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    雅子さまが令和の皇后像を築くか

    NEWSポストセブン

  8. 8

    米雇用 予想覆す250万人増に衝撃

    鎌田 傳

  9. 9

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  10. 10

    消費税一律8%に 維新が法案提出

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。