記事

トランプ氏の「国に帰れ」発言 米下院が大統領非難決議

米下院は、16日、トランプ大統領が民主党の非白人女性議員4人に対して「国を出ていけ」と述べた発言について、「人種差別だ」と非難する決議案を賛成多数で可決しました。下院で多数派の野党・民主党議員に加えて、与党の共和党4人、無所属1人が、賛成しました。

米政治専門サイトのポリティコによると、トランプ氏の大統領としての発言を明確に非難する決議が、連邦議会で可決されたのは初めて、とのこと。トランプ氏は、14日、米国の制度や人種差別などを批判する民主党の非白人で新人の女性下院議員たちに対して「世界最悪の国から来て、米政府はどうすべきか語っている。国に帰り、まず立て直してはどうか」とツイッターで攻撃しました。

トランプ氏は名指しはしませんでしたが、急進的左派「プログレッシブ(進歩派)」のプエルトリコ系のオカシオコルテス、ソマリア難民のオマール、パレスチナ系のトレイブ、アフリカ系のプレスリーの4下院議員とされています。オマール氏は難民として子どもの時に親と逃れて米国籍を取得していて、あとの3人は米国生まれです。4人とも、昨年秋の中間選挙で初当選しました。

4議員は、15日そろって記者会見し、オマール氏は「あからさまな人種差別攻撃」とし「白人国家主義者のアジェンダだ」と訴えました。また、政策面では4議員と距離を置いていた民主党のペロシ下院議長も「トランプ氏は、「米国を再び偉大にする」という政策は、常に「米国を再び白人の国にする」ということだと改めて認めた」と批判しました。

トランプ氏は、来年の大統領選に向けて、保守派支持層にアピールする狙いがある、とされていますが、このような人種差別発言が許されてよいはずが、ありません。各国首脳からも非難されています。メイ首相は「まったく受け入れられない」と強く非難し、ジョンソン前外相も「偉大な多民族、多文化国家のリーダーは、そんな言葉を使ってはいけない」と語っています。

ニュージーランドのアーダーン首相は「完全に、まったく、同意しない。ニュージーランドでは人々が正反対の考え方を持っていることを誇りに思う」としています。カナダのトルドー首相は「カナダで私たちがとる対応ではない。カナダ人はカナダ人だ」と語っています。

トランプ氏の発言が、メディアや民主党の猛反発を招き、米下院が非難決議をしたのは、当然のことだと思います。このような人種差別発言をする大統領が、依然として高い支持率を支持層から受けているのは、理解できないことです。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  6. 6

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。