記事

カーニー英中銀総裁、IMF専務理事レースから脱落か


[シャンティイ (フランス) 18日 ロイター] - カーニー英中銀総裁が国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事の後任に選出される公算は小さいと、欧州当局者が18日明らかにした。

IMF専務理事は欧州から選ばれるのが慣例になっているが、カーニー氏はカナダ出身。英国とアイルランドのパスポートも保有しているが、欧州出身者とはいえないとの見方が強まっているという。主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の合間に関係者が明らかにした。

当局者の1人は「誰もがカーニー氏のことを気に入っているが、彼は(IMF専務理事就任に)必要とされるパスポートを持っていない」と語った。

G7財務相・中央銀行総裁会議の議長を務めたルメール経済・財務相は会議後、「欧州が引き続きIMFを率いることを可能とするため、欧州出身の候補者を巡り堅固なコンセンサスを形成することを目指している」と語った。

カナダのモルノー財務相は、欧州のIMF専務理事候補について認識していないとしつつも、カーニー氏は国際金融のプロと評価。「特定のパスポート保有者だけでなく、将来の課題に対処できる能力を持つ人材についても模索しているはずだ。国際金融システムを深く理解し、厳しい状況にある国々と効率的に交渉を展開できる人材がIMFのトップに就くべきというのがカナダの見解だ」と述べた。

IMF専務理事候補にはこれまでに、オランダのデイセルブルム元財務相、スペインのカルビノ経済相、ポルトガルのセンテノ財務相、フィンランドのレーン中銀総裁の4人の名前が上がっており、EU諸国が協議を続けている。

G7関係者によると、G7議長国であるフランスのルメール経済・財務相は、7月末までに候補を1人絞り込むことを目指している。

ラガルド氏は、欧州中央銀行(ECB)総裁への指名を受け、今週専務理事を辞任した。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。