記事

度数9%!低アルコール日本酒「白鶴9」発売 麹の割合増やして旨味を引き出す

8月30日発売予定

白鶴酒造は日本酒好きのための低アルコール純米酒「白鶴 サケパック 9(ナイン)」を8月30日に全国発売する。同社は、日本酒は「料理に合うがアルコール度数が高いイメージがあり、健康を気遣って飲酒量を減らす傾向」にあるとして、リリースで

「低アルコールで旨味のある日本酒を目指して開発しました」

とコメント。日本酒はアルコール度数が15%、高いものでも20%ほどだが、同商品は9%となっている。

低アルコールなのにふくらみのある味わいとすっきりした後味を実現

低アルコールで、まろやかな旨味が特長の純米酒。精米作業の程度が低い低精白と麹の工夫で米の旨味を引き出し、選抜したオリジナル酵母でふくらみのある味わいとすっきりした後味を実現したという。

低アルコールでも旨味を出すために、雑味を抑え、旨味を引き出すために最適な精米歩合(78%)にした。麹の使用量を上げることで、米に含まれるタンパク質を効率よくアミノ酸に分解し、酒にコクを与える。

さらに着色や雑味の原因を抑えるため、通常の「三段仕込み」ではなく「麹四段仕込み」で旨味だけを引き出したという。

同社商品「まる」(アルコール度数13.5%)を9.5%にすると、酸味・旨味・コクが少なくなる。味わいのほか、日本酒の「嫌な香りの浮き立ち」「コクが少なすぎて苦味が強調」されるなど、バランスも悪くなる。

一方、「白鶴9」は、まるよりもすっきりした味わいで、旨味やコクをしっかり感じ、苦味が少ないという。同商品の参考価格は500ミリリットル498円、900ミリリットル798円となっている。

あわせて読みたい

「日本酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  2. 2

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  5. 5

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  6. 6

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  7. 7

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  8. 8

    低調な安倍内閣も信頼感ない野党

    早川忠孝

  9. 9

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  10. 10

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。