記事

「なぜYahoo!ニュースだけが1人勝ちできたのか」ヤフトピ“育ての親”に聞く - 坂木 みずき

1/2

 日本最大のニュースメディア「Yahoo!ニュース」を知らない人は、まずいないだろう。ニュースとジャーナリズムの主役だった新聞が衰退する中、登場からの20年余りで月間150億ページビュー(PV)を誇る巨人になった。その育ての親とも言える奥村倫弘氏がヤフー株式会社を去り、4月から東京都市大学メディア情報学部教授に就任した。若い学生とともにネットメディアの在り方を考えていくのだという。奥村氏が教授しようとする「ニュースメディアとジャーナリズムの現状、将来」とは? 存分に語ってもらった。


東京都市大学メディア情報学部教授に就任した奥村倫弘氏。1998年に読売新聞からヤフーに移った ©坂木みずき

◆◆◆

1日5億PV、オンラインメディアで圧倒的シェア

 まずはYahoo!ニュースの巨大さを見ておこう。

 Yahoo!ニュースは現在、全国紙や地方紙、通信社、テレビ局、雑誌、新興のネットメディアなど540超の「ニュース提供社」と契約している。政治、経済、国際といった従来型ニュースだけでなく、スポーツ、エンタメ、キャリア、投資、健康などあらゆる分野をカバー。1日当たりでは、配信記事4000本前後、PVは5億をたたき出している。

 日本人はどのメディアをどの程度の頻度で利用しているのか。英国のロイター・ジャーナリズム研究所が毎年公表している「デジタル・ニュース・レポート2018」によると、「新聞・テレビ・ラジオ」のいわゆる旧メディアでは、NHKが首位。それが「オンライン」メディアになると一変。トップは圧倒的にYahoo!ニュースで、2位のNHKを大きく引き離している。

Infoseekやgooと何が違った?

 なぜ、Yahoo!ニュースはここまで大きくなったのか。事業をけん引した奥村氏に「そもそも」から尋ねた。

「読売新聞の記者だった私は1998年、ヤフーに転じました。学生のころからコンピューターが好きで、ネットでニュースをやりたかった。ヤフーはその2年前、96年に創業したばかり。私の社員番号は82番でした。偶然ですが、『ヤフー』と読めるんですよ(笑)。昨年12月時点でヤフー本体の従業員数は約6600人ですから、急成長ぶりが分かると思います」

 入社当時、日本はインターネットの黎明期であり、ヤフーも既に開業年から「Yahoo!ニュース」を始めていた。ロイター通信や毎日新聞など契約先の記事を無料で読ませ、アクセスに応じた広告収入を得る仕組みだ。当時は、Infoseekやgooといった競合他社も同様にニュースを扱っていた。

 では、Yahoo!ニュースは先行組とどこが違っていたのだろうか。「今思えば、の話ですが」と奥村氏は言う。

「一つはニュースの見出しをトップページで見えるようにし、更新頻度も上げたことです。Infoseekやgooといった大手ポータルサイトもニュースを扱っていましたが、トップでは『ニュース&天気』の7文字しか見えない。私たちは、配信記事に11字(現在は13字)の見出しを付けてトップページで見える形にした。数ある配信の中からトップに掲載すべき価値あるものをヤフーの編集部で選ぶ。ニュースの価値付け、編成をヤフーが行うようになった。そこが他のポータルと違いました」

「最初のころ、メールで記事を送ってきた新聞社もあった」

「同時にシステムを改良し、いつでも更新できる仕組みも整えた。いま、この瞬間のニュースがトップページで分かる。これが大きかったと思います。当時は配信側の新聞社ものんびりしたもので、配信の大半は朝刊と夕刊のタイミング。最初のころは、メールで記事を送ってきたこともあったようです」

「二つめは、ニュースの幅を広げたことです。2000年代初頭までは新聞社の力が圧倒的に強く、ニュースと言えば、政治・経済・社会・国際という『ニュース・ザ・ニュース』でした。配信も、ほとんどがそういう内容です。自社HPをつくって先行していた全国紙にしても、例えばサッカーの中田英寿選手を大きく取り上げることはしない。私たちはそこを変えた。配信契約先の数を増やし、幅も広げ、エンタメ、スポーツ、IT、マネー、趣味関連なども『ニュース・ザ・ニュース』と並ぶニュースとして扱うようにしました」

 前者の「随時更新」は、毎日何度もYahoo!をクリックする層を大幅に増やした。後者は、新聞やテレビがつくってきた「ニュースの価値はわれわれが決める」という文化を根底から覆した。奥村氏の入社時、Yahoo!へのアクセスは、検索など他のサービスも含め1日で1500万PVを記録したことがある。月間に換算すると、4.5億PVだ。それが2010年にはニュースのみで月間45億PV、直近は同じく150億PV。ニュースがけん引する形でヤフーは急成長を遂げていく。

ユーザーにウケたのは「WIRED」や「ITmedia」

「平成」に歩調を合わせたかのような、この20年の劇的な変化はニュース界に何をもたらしたのだろうか。

「新聞社が自社ニュースをHPで公表しはじめた90年代後半、ネットユーザーの大半は研究者や技術者、パソコン好き、そしてマーケット情報の必要な金融関係者などでした。みんな若い。で、彼らからすれば、新聞社のサイトには欲しい情報がなかった。新聞社はそういった分野を精力的に取材していないし、息抜き的なスポーツやエンタメ情報も出せない。先ほども言ったように、伝統的メディアはそもそも、政治・経済・社会・国際のみをニュースの本流と考えていましたから」

「そうしたなか、IT専門の、例えばZDネット(現ITmedia)やWIREDといった新興メディアの記事が、ユーザーに大歓迎されました。米国のIT事情を翻訳しただけでも、ものすごく読まれる。Yahoo!ニュースもそういった層を狙ったわけです。早くからIT系メディアやスポーツ紙、夕刊紙などとの提携を増やし、第三者的立場から全方位で、つまり企業の枠を超えてニュースを集めました。良く言えば、ユーザーのニーズを的確につかんだ、言葉を崩せば大衆迎合。そうした結果、ネットユーザーたちは気付いたのです。『伝統的メディアには欲しい情報がない』と」

 奥村氏の話は、核心に迫ってきた。

 ニュースの制作・流通において、新興のネットメディアは新聞社のポジションを奪ってなどいない。新聞社と新聞記事は、全く違う理由で瓦解している――。それが奥村氏の見解だ。詳しく語ってもらおう。

新聞社にはニーズを上回る「販売力」があった

「広く知られているように、Yahoo!ニュースは基本、自らニュースを作っていません。4年前から『Yahoo!ニュース特集』というサービスを始め、社会派の記事を独自に取材・配信してはいます。高い評価も得て、新聞各社からも注目されてはいますが、記事本数の比率は微々たるものです」

「一方、ITmediaのような新興メディアは、技術ニュースを自社制作しています。ただし、伝統メディアがやってきた分野にはそもそも踏み込めない。記者クラブに入ってないし、組織取材の体制もないし、地域に取材ネットワークもない。

 つまり、新聞社とは全く違うやり方、違う分野で取材しているわけです。そう考えていくと、ネットニュースは新聞報道を食ってはいない。逆に言うと、もともと新聞記事には、読者の欲する情報がなかったと言える。新聞や雑誌しかなかった時代には、情報収集の手段として、ある意味、仕方なく、そこにお金を払っていたという図式です。そうこうしているうちに、Yahoo!ニュースなどに欲しい情報がたくさん出るようになった。しかも、多くはタダ。で、そっちを見ているうちに、さらに『自分たちの欲しい情報がない』ことを確信したのではないでしょうか」

「これも私見ですが、これまでの新聞社には、大衆読者が必要としていなかった情報を販売する力が備わっていたと思います。端的に言えば、販売力。販売店網とか、月極め購読とか、宅配制とか。そうした力によって、大衆ニーズがない記事であっても売り続けることができた。部数減は、その反動だと言えるでしょう」

あわせて読みたい

「Yahoo!」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  2. 2

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  3. 3

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  4. 4

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  6. 6

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  7. 7

    連日のあおり報道許すスポンサー

    いいんちょ

  8. 8

    東京湾汚水 五輪までに浄化可能?

    AbemaTIMES

  9. 9

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    NYTimesの偏向実態がネット流出

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。