記事

前場の日経平均は大幅続落、300円超安 円高を嫌気


[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比343円06銭安の2万1126円12銭となり、大幅続落した。前日の米国株安や為替の円高が嫌気され、朝方から幅広い業種で売りが先行。取引時間中に一段と円高が進行すると、為替に連動する先物売りが出て300円超に下げ幅を拡大した。

米国の7月利下げ期待がドル安/円高要因となっている。6月雇用統計の力強い内容を受けて低下した0.5%利下げの確率が、米中貿易摩擦を巡る懸念やさえない住宅関連指標などをみて再び上昇してきている。CMEグループのフェドウォッチによると、金利先物が織り込む利下げ確率は、0.25%利下げが61%、0.5%利下げが39%。

ドルは一時107.64円まで下落し、7月3日以来約2週間ぶりの円高水準となった。国内企業の決算発表が警戒される中で押し目買いも入りづらく、日経平均は先物が主導する形で下げ幅を拡大した。米中貿易摩擦による悪影響が懸念され、上海株や米株指数先物が下落したことも投資家心理を圧迫した。

市場からは「トランプ米大統領が必要なら新たに3250億ドル相当の中国製品に関税を課す可能性があると言い出した。米中問題の悪影響がクローズアップされて米国株が下落すれば、買い向かう主体のない日本株は軟調になる」(あかつき証券の投資調査部長、藤井知明氏)との声が出ていた。

TOPIXは1.68%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9114億円だった。東証33業種すべてが値下がりする全面安商状で、石油・石炭、鉱業、海運、倉庫・運輸関連、繊維などが値下がり率上位となった。後場は日銀のETF(上場投資信託)買いへの思惑が下支えとなる可能性がある。

個別銘柄では、曙ブレーキ工業<7238.T>が急反発し一時ストップ高。経営再建に向け企業再生ファンドから出資を受け入れる方針が伝わり、材料視された。

東証1部の騰落数は、値上がりが99銘柄に対し、値下がりが2009銘柄、変わらずが41銘柄だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。