記事

フィフィ、ジャニーズへの公取委"注意"で「圧力を受けた側は諦めちゃいけない」元SMAP3人にエール

[画像をブログで見る]

公正取引委員会は7月17日までに、ジャニーズ事務所を注意した。2017年に同事務所を退所した「SMAP」元メンバーの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人について、テレビ局に対して「出演させないように働きかけた場合、独占禁止法違反につながる恐れがある」というものだ。

タレントのフィフィさんは同日、この件にツイッターで言及した。「事務所を離れれば多少なりペナルティーがあるのは周知の事実」というものの、

「元SMAPへの圧力疑惑が報じられた事は芸能界における大きな意義であると思う。圧力を受けた側は諦めちゃいけない。圧力に屈してきたメディアは変わらなければならない。ファンも頑張ったと思う、そしてCM起用してきた企業に敬意を表したい」

とコメントした。リプライ欄には「堂々たるコメントありがとうございます」「圧力をかけたジャニーズ事務所は相当悪質だが、それに屈しているテレビ局の対応にもあきれる」などの声が寄せられた。

事務所「今後は誤解を受けないように留意」に舛添前東京知事「是非そうあってほしい」

舛添要一前東京都知事も同日、「日本の様々なタブーが一つ一つ無くなっていって本当に自由な社会になることを期待している。公取も意外なところで役に立つ」とツイート。翌日、ジャニーズ事務所の発表したコメントに

「公取の調査を『重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したい』と対応。楽しいエンタメのため、是非そうあってほしいと思う」

と期待をにじませた

3人は事務所退所以降、香取さんが司会を務めていた「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)は2017年、草なぎさんがMCを務める「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)は2018年、稲垣さんがMCの「ゴロウ・デラックス」(TBS系)も2019年に終了している。民放レギュラー番組が次々打ち切られたことを、事務所の圧力があったのではと疑問視するファンも少なくなかった。

「圧力をかけた事実はないが、当局からの調査は重く受け止める」

ジャニーズ事務所は同日、公式サイトで見解を発表。「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません」と記した。続けて、

「とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」

としている。ネット上では「公式が『圧力をかけた事実はない』とコメント出してくれた」と安心する声が出る一方で、「『注意』があったってことは、疑われる行為があったってことなのでは?」という声もあがっている。

あわせて読みたい

「SMAP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  2. 2

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  3. 3

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  5. 5

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  6. 6

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  7. 7

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  8. 8

    「大人の対応」が通用しない韓国

    笹川陽平

  9. 9

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  10. 10

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。