記事

「安倍さんはレガシーをつくった」進次郎から飛び出した発言は何を意味するのか 自民党の看板弁士は豹変した――ルポ参院選2019 #5 - 常井 健一

1/2

「一番大きな功績は出産」発言の対極にいる小泉進次郎は「普通の人々」の味方なのか から続く

「アレ、意外と少ないねえ」

 自民党きっての人気弁士、小泉進次郎が現れる予定の演説会場で待ち構えていると、時々こんな声が聞こえてくる。全国各地を駆け巡る彼の応援行脚は、2010年の参院選以来、通算7回を数えているが、これまで取材を続けてきた私でも初めて耳にするような反応だ。

民放各社が競うように派遣していた密着カメラ部隊も……

 2年前の衆院選で「完全密着取材」を行った時には、どこに行っても握手しようと押し寄せてくる群衆の「波」に呑まれそうになった。だが、今回は身の危険を感じるほどの熱を帯びている会場は、選挙戦が残り3日となった時点でも片手で数えられるほどしか見ていない。

 おかげで大きな混乱はなく、小泉も予定通りの大移動を続けている。

 参院選最後の日曜日となった7月14日、小泉はスイカの名産地として知られる山形県尾花沢市内のホールでこの日最後の応援演説をぶった。以前の選挙では民放各社が競うように派遣していた密着カメラ部隊も、その夜はTBSの1台だけになった。

 終了したのは20時過ぎ。私のことを最寄り駅まで送り届けてくれた地元のタクシー運転手が山形訛りで訊ねてきた。

「失礼しますが、今日は(ホールに)どなたが来ていたんですか?」

「来たのは息子さん。進次郎さんですよ」「なーんだ」

 私は「地元のタクシーが知らないなんて、自民党の告知不足だな……」と怪訝に思いながら、自分と世代が近そうな運転手に返事をした。

「自民党の演説会ですよ。小泉さんですよ」

「えーーーーー。無料でしょ。会社休んで、行けば良かったー。あっちこっち講演に回っているんですよね」

「いやいや、それは純一郎さんで」

「ん、違うんですか?」

「来たのは息子さん。進次郎さんですよ」

「なーんだ」

 小泉の話題は終了。運転手は、4日前に安倍晋三が尾花沢に来援した際、地元で有名な畜産農家を「お忍び」で訪ねたという情報を嬉しそうに語り始めた。

「忖度」発言で苦戦が伝えられている候補者の応援で

 ようやく1000人以上の大台に乗るような大群衆を目にすることができたのは、同じく7月14日の昼間に新潟駅南口で行われた演説会だった。

 小泉は街宣車の上に立って挨拶を終えると、昨晩、自宅の冷房が壊れたせいで寝室が水浸しになったという個人的な話を持ち出した。「私、何を話してんですかね?」と自分で突っ込みを入れながら、こう続ける。

「誰にでも失敗はある」

 新潟は「忖度」発言で苦戦が伝えられている自民党の現職候補が立っている1人区。小泉はその問題にあえて触れることで「今の選挙の空気を変えなくちゃいけない」と訴えた。

 そして、こんな考えを口にした。

「今の安倍総理は2回目の総理。今から10年以上前に総理大臣をやっていました。1回目、1年で辞めざるをえないことになりました。2回目、安定政権を築いた。もし日本が一度、徹底的に叩かれた人には二度とチャンスを与えないという社会だったら、今の政治の安定はない。私は何度もチャレンジできる社会をつくっていきたいと考えている」

 小泉進次郎という政治家は、2018年9月に行われた総裁選では安倍晋三ではなく、石破茂に票を投じた。当時はその理由を「違う意見を押さえつけるのではなく、違う声を強みに変えていく自民党でなければいけない」と語っていた。それから1年も経たないうちに、こんどは大聴衆に向け、安倍のことを評価し始めた。

国政選挙のたびに安倍との二枚看板で「党の顔」に

 そういえば、前日にテレビ局の直撃取材を受けた際にも、「同じ人物が2度目も総理になれるということは、安倍政権がつくったレガシーですよ」とも持ち上げていた。私は聞き耳を立てながら、別人なんじゃないかと疑った。

 そのことだけで、日和見だとか、変節漢とか、言うつもりはない。人気者といえども、永田町という嫉妬の海を泳ぎ続けることは容易じゃない。それに、彼からこう聞かされ、納得したことがある。

「周りから面倒くさい存在だと思われてもいいけど、『はねっかえり』にはなってはいけない」

 ただし、それでは安倍自民党の「勝利の方程式」も狂ってしまう。野党の演説と聞き間違えるほど、身内の大物を突き上げ、党全体に自省を呼びかけ、独自の政治判断を貫いては、国民から喝采を浴びる。それが彼の持ち味だった。厄介な異端児を党勢回復のためにしたたかに活用してきたのが安倍自民党だ。

 野党時代の2012年に安倍が総裁に復帰して以降、小泉は国政選挙のたびに安倍との二枚看板で「党の顔」に仕立て上げられた。たとえ公然と安倍を批判するパフォーマンスをしても、党はオトナの判断で小泉を活用する戦略を変えなかった。イデオロギー色の濃い安倍を苦手とする分厚い無党派層を抱き込めるような「オールラウンダー」は、今のところ彼だけだからだ。

 だが、小泉が日和ってしまえば、自民党から逃げていく人々も少なくない。実際、新潟での発言が報じられると、ツイッターでの反応は暗転した。「つぶやき感情分析」を見ていると、「進次郎」というキーワードに対し、ネガティブマークが多数を占め、「大嫌い」「騙す」「クズ」という関連ワードが表示されるような状態が続く。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  8. 8

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  9. 9

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  10. 10

    水道民営化=値上げ?誤解誘う投稿

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。