記事

世界の民生用ドローン市場、10年で3倍増の143億ドルに=調査


[ワシントン 17日 ロイター] - 世界の民生用ドローン市場は今後10年で3倍に拡大し、143億ドル規模になる──。航空宇宙・防衛産業の調査会社ティール・グループが17日公表したリポートでこうした見通しを示した。

ティール・グループによると、今年の民生用ドローン市場は推定49億ドル。米連邦航空局(FAA)が徐々に飛行空域を開放していることや商業利用の広がりが、これからのドローン活用に追い風になるという。

民生用ドローンは現在、建設やエネルギー、鉱業などの業種の検査用としての利用が最も多い。次いで農家の種散布や作況分析などに使われている。

ただ民生用ドローン市場は中国メーカーが圧倒的なシェアを持っており、米政府や米国の企業からは中国政府が自国製ドローンを通じて重要データを入手することへの警戒感が広がっている。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。