記事

東京五輪開催中「会社を休みたい」7割が回答 「お祭り気分でやる気がしなさそう」という人も

東京五輪開催中「会社を休みたい」7割が回答
東京五輪開催中「会社を休みたい」7割が回答

サイボウズは7月12日、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会時の働き方対応について意識および実態の調査」の結果を発表した。調査は今年6月に実施し、25~50歳の東京都内勤務社ビジネスパーソン400人から回答を得た。

東京五輪開催中の通勤や仕事上の移動について聞くと、「不安がある」(38.6%)と「やや不安がある」(31.8%)の合計が70.4%にのぼる。

休みたい理由、1位「交通混雑が嫌」、2位「大会を観戦したい」

不安の理由は「移動に時間や手間がかかりそう」(92.4%)が最多で、以降「混雑による暑さ」(59%)、「業務スケジュールへの影響」(31.7%)、「よく分からないけど漠然と不安」(16.6%)、「会社の対策(例:リモートワークなど)に順応できるか不安」(12.8%)と続く。

大会期間中、「本音では会社を休みたい」という人は70.6%。理由は「交通混雑が嫌だから」(73.2%)が最多。以降、「大会を観戦したいから」(53.3%)、「出社しても仕事自体が滞りそうだから」(30.6%)、「お祭り気分でやる気がしなさそうだから」(27.8%)、「周囲が休みそうだから」(13.1%)と続く。

会社としての対策は「予定していない」が38.8%。対策検討をする予定だが、「時期は未定」も27.2%いる。会社として対策検討の予定があると回答した63人に内容を聞くと、「時差通勤」が49人で最多だった。

ほかにも「スケジュール調整の推奨」(41人)、「有給休暇取得の推奨」(37人)も多い。以降、「いずれかのリモートワーク」(36人)、「在宅でのリモートワーク」(29人)、「TV会議システム」(22人)、「モバイルワーク」(19人)などが続く。

その中で、リモートワークやモバイルワークを検討している36人に推進にあたっての懸念を聞いた。最も多かったのは「リモート時の勤怠管理」(22人)、「導入する新システムの社員教育」「リモート時のセキュリティ対策」(19人)、「導入にかかるコスト」「社内外のコミュニケーションが円滑にいくか不安」(17人)となった。

大会開催期間以降も「リモートワークやテレワークを継続したい」人は36人中21人で、「実際の効果を踏まえてから判断したい」は14人となった。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  3. 3

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  4. 4

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  5. 5

    東京都で過去最多となる2848人の感染確認 20代951人、30代610人…重症者は4人増の82人

    ABEMA TIMES

    07月27日 17:07

  6. 6

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  7. 7

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  8. 8

    安定的な皇位継承 旧宮家の男系男子の皇籍復帰が必須だ

    和田政宗

    07月27日 13:45

  9. 9

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  10. 10

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。