記事

リスク顕在化なら利下げ支持も=カンザスシティー連銀総裁

[17日 ロイター] - 米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は17日、経済リスクが顕在化した場合、金利政策に関する自身の見解を修正する準備があると述べ、利下げ支持に含みを残した。

ジョージ総裁はカンザスシティーで開催されたシンポジウムで、直近の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを支持したと表明。最近の指標は経済の力強さが継続していることを示している一方、リスクも高まっているとした上で「下振れリスクを認識すれば、見解を修正する準備がある」と語った。

また米経済の下振れリスクは「主に通商や関税の不確実性と世界的な成長鈍化によってもたらされる」と指摘した。

ジョージ総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持っている。総裁は5月14日の段階で利下げの根拠は見当たらないと発言している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  10. 10

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。