記事

戦術的な昼寝の確保

今日の横浜北部は曇りから晴れに向かっております。いよいよ梅雨明けでしょうか。

さて、再び睡眠に関する話を。
以前読んだ本の中に書かれていたのですが、最近の本格的な睡眠確保の方針転換前にも、米軍は作戦実行中に兵士に睡眠を取らせる大切さを自覚していたエピソードがいくつかあります。
そのうちの代表的な話が、B-2爆撃機の乗組員たちの話。

1999年の3月から6月にかけて、アメリカ空軍はNATOの作戦の一環として、バルカン半島のコソボにあるセルビア軍に対して空爆を仕掛けておりました。

そこで使われたのはB-2爆撃機だったわけですが、ここでの問題は、それをアメリカ本土から飛ばして、欧州とアジアの間にあるバルカン半島まで長距離飛行をしなければならないというものです。
しかもこのステルス爆撃機は、かなりの大きさの機体のわりには乗員がたったの2人。

つまり大西洋を横断して空爆するまでには、あまりの飛行時間の長さために、どうしても乗員たちが疲れてしまうわけです。

そこで空軍は、乗員たちの体調を考慮して、ある一つのメソッドを積極的に使うことを決定します。それは、
戦術的昼寝(tactical naps)
というもの。
なんだか偉そうな専門用語ですが、ようするに「疲れさせないように、休めるときに休ませる」というものです。
ところがここで面白いのは、米空軍がこのB-2のコソボ空爆の任務に際に具体的にとった方策。

それは、基地のそばのウォルマートに行って、一脚9ドル弱のプラスチック製の野外用のイスをいくつか買ってきて、それをB-2の操縦席の後に並べて昼寝できるように設置する、というもの。

このおかげでB-2は無事に任務を終えることができたということなのですが、すでに2000年代前半までには米空軍はリスクマネージメントの一環として「戦術的昼寝」を乗員の管理に取り入れていたようです。

さて、ますます「生産性」を求められるようになっているわれわれ一般人ですが、やはりこの「戦術的昼寝」を積極的にとっていく必要はあるのではないでしょうか?

生死がかかわる軍人ほどのシビアさは求められないにしても、われわれも注意力や能力の発揮という点においては、やはり寝ておいて損はないと思う次第であります。



(ヴァージニア州上空)

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  6. 6

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  7. 7

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

  10. 10

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。