記事

大泉洋、旅の必需品は携帯用おしり洗浄器「痔なんです…」

 大泉洋が、7月15日放送の『バゲット』(日本テレビ系)で、知られざる一面を明かした。

 大泉は「旅の必需品」について「携帯用お尻洗浄器」と語り、「痔なんです」と照れくさそうにカミングアウト。「どこに行くにも不安で。でも今の時代はサービスエリアでもコンビニでもどこに行っても(トイレに)ウォシュレットが付いている」と感謝を示す。

 さらに「あれ(ウォシュレット)がないと生活できない。お尻洗ってもらえなかったら……」と頬を赤らめた。「拭くのは拭くんですか?」と聞かれると、「拭かないでどうする!」とツッコんで笑いを誘っていた。

 大泉は1996年12月4日、11日放送の『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)で「闘痔の旅」と題し、痔を治すために温泉をめぐる企画に挑戦した。

 その後も治っておらず、2月5日放送の『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演した際もコメントしている。「どうして肛門をさらして病院で治してくださいといえようか」と、恥ずかしくて病院にはなかなか行けないことを告白。

 さらに自分は「有名になるばかり」と笑い、「全国の肛門科で名医であればあるほど『あいつはどんなケツの穴してるんだろうか? 小さいから切れるんだ』と話している」と妄想トークを披露して笑いを誘っていた。

 なかなか治りにくいとされる痔。思い切って医者に行った方がよさそうだ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    GSOMIA破棄は米国の顔に泥塗った

    文春オンライン

  4. 4

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  5. 5

    韓国はGSOMIAを破棄しても無意味

    高英起

  6. 6

    反日運動に矛盾 韓国内でも不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  8. 8

    未来きた? 日清「完全食」を実食

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    GSOMIA破棄に米国「韓国に失望」

    ロイター

  10. 10

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。