記事

「007」が女性の勘違い

次期「007」が女性に!?…の記事について』の続き。

新作「007」について、勘違い情報が流れているようだ。
前エントリにも書いたが、ボンド役が女性になるわけではない。

ポリコレ「007」にがっかり

「007」が黒人女性になるそうだ。
ポリティカル・コレクトネスの極致である。

(中略)

だが「007」の主人公を黒人女性にする必要があるとは全然思えない。それこそ作品世界の破壊である。

小林よしのり氏の指摘は、まったくの勘違い、誤情報によるものだ。
ラシャーナ・リンチが主役をやるわけではないんだ。
情報源は以下。

新007は黒人女性、「性別や人種の多様化」目指す映画業界 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

ただし、ここで指摘しておきたいのはリンチが演じるのがジェームズ・ボンドの役ではないことだ。最新作において、ジェームズ・ボンドを演じるのは従来通りダニエル・クレイグになる。しかし、007のコードネームで呼ばれるスパイ役を黒人女性のリンチが演じるという。

デイリー・メールによると、最新作では主人公のジェームズ・ボンドがMI6を去り、ジャマイカで余暇を過ごしているところから物語が始まるという。その後、MI6の責任者が、007にリンチを任命するという展開だ。

つまり、ボンド役が交代するのではなく、この作品に限って、ラシャーナ・リンチが007のコードネームを与えられるということだ。

ニュースとして出回っている他の記事では、この肝心な部分が抜け落ちているため、勘違いと誤解が広がっている。

ダニエル・クレイグは降板するが、次期ボンド役は決まっていないそうだ。
そんなわけで、過度なポリティカル・コレクトネスと批判するには当たらない。

それよりも「黒人〜」という表現の方に、もっと神経を使った方がいいと思うのだが?

あわせて読みたい

「007」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  4. 4

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  7. 7

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。