記事

「007」が女性の勘違い

次期「007」が女性に!?…の記事について』の続き。

新作「007」について、勘違い情報が流れているようだ。
前エントリにも書いたが、ボンド役が女性になるわけではない。

ポリコレ「007」にがっかり

「007」が黒人女性になるそうだ。
ポリティカル・コレクトネスの極致である。

(中略)

だが「007」の主人公を黒人女性にする必要があるとは全然思えない。それこそ作品世界の破壊である。

小林よしのり氏の指摘は、まったくの勘違い、誤情報によるものだ。
ラシャーナ・リンチが主役をやるわけではないんだ。
情報源は以下。

新007は黒人女性、「性別や人種の多様化」目指す映画業界 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

ただし、ここで指摘しておきたいのはリンチが演じるのがジェームズ・ボンドの役ではないことだ。最新作において、ジェームズ・ボンドを演じるのは従来通りダニエル・クレイグになる。しかし、007のコードネームで呼ばれるスパイ役を黒人女性のリンチが演じるという。

デイリー・メールによると、最新作では主人公のジェームズ・ボンドがMI6を去り、ジャマイカで余暇を過ごしているところから物語が始まるという。その後、MI6の責任者が、007にリンチを任命するという展開だ。

つまり、ボンド役が交代するのではなく、この作品に限って、ラシャーナ・リンチが007のコードネームを与えられるということだ。

ニュースとして出回っている他の記事では、この肝心な部分が抜け落ちているため、勘違いと誤解が広がっている。

ダニエル・クレイグは降板するが、次期ボンド役は決まっていないそうだ。
そんなわけで、過度なポリティカル・コレクトネスと批判するには当たらない。

それよりも「黒人〜」という表現の方に、もっと神経を使った方がいいと思うのだが?

あわせて読みたい

「007」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打めぐり拡散されたデマ

    かさこ

  2. 2

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  3. 3

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  4. 4

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  5. 5

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  6. 6

    衝撃れいわ支持率 議員が危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  8. 8

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

  9. 9

    邦人逃亡犯はなぜフィリピンへ?

    WEDGE Infinity

  10. 10

    あおり運転 なぜ今表出したのか

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。