記事

日米貿易交渉、9月の合意が視野に 双方が譲歩する内容=関係筋


[ワシントン 16日 ロイター] - 日本と米国が、農産品と自動車で互いに譲歩する内容の通商合意に向けて協議を進めており、両国の首脳が9月にニューヨークで会う際に合意を締結する可能性があることが、貿易交渉に詳しい3人の業界筋の話で16日、明らかになった。

自動車業界のある関係者によると、日本が米国に対して農産品の市場を開放し、その見返りに米国が日本製の自動車部品の一部について関税を削減するという内容の合意となる可能性がある。ただ、交渉は流動的という。

そのような合意がまとまれば、安倍晋三首相は自動車で成果を出したことになり、2020年米大統領選で再選を目指すトランプ大統領にとっても農家の支持拡大につながるとみられる。

別の関係筋は、トランプ政権は米国産牛肉と豚肉製品のアクセス改善を求めていると明らかにした。

日本市場へのアクセスが改善されれば、米国が環太平洋連携協定(TPP)加盟国と競争する環境が整う。トランプ大統領は大統領就任後すぐにTPP離脱を決めた。

前月に大阪で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせてトランプ大統領と安倍首相は通商問題について話し合ったが、会談の内容は公表されなかった。米政治専門サイト、ポリティコは16日、9月に何らかの合意が結ばれる可能性があると報じた。

米国が自動車部品の関税削減で合意した場合でも、米議会の承認は必要とならないとみられる。大統領は関税率が5%未満の製品の関税を撤廃あるいは削減する権限があり、自動車部品の大半は関税率が約3─6%にとどまる。

日米が互いに譲歩して合意をまとめる可能性について、日本政府の当局者はコメントを差し控えたが、事務レベルの交渉が行われていると述べた。

また、今月21日の参院選までは大きな進展はないだろうとの見通しを示した。日米双方には、最終決着に向けて合意点を見いだす必要があるという共通の認識があると指摘した。

米通商代表部(USTR)は合意の可能性について現時点でコメントはしなかった。米商務省の高官もコメントを差し控えた。

日本政府の立場に詳しいある関係筋は、小規模な合意という考え方は興味深く、合理的だと指摘。ただ別の関係筋は、協議では自動車と農業だけでなく、すべての項目をカバーする必要があると述べた。

あわせて読みたい

「貿易摩擦」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  5. 5

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  6. 6

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。