記事

【読書感想】父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

1/2

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

  • 作者: ヤニス・バルファキス,関美和
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2019/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


Kindle版もあります。

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。

内容紹介
◎現代の世界はどんな「仕組み」で動いている?
◎なぜ一部の人たちだけに「富」が集中するのか?
◎「経済危機」の裏に隠れているものは何か?

「資本」や「資本主義」という言葉を
使わずに経済を語ったら、
とんでもなく本質がわかるようになった!

経済の本なのに「一気に読める」
「ページをめくる手が止まらない」と話題沸騰!
読み終えた瞬間、世界が180度変わって見える!


 著者は2015年のギリシャの経済危機時に財務大臣を務めた人です。
 EU から財政緊縮策を迫られるなか大幅な債務帳消しを主張しています。

 この本の訳者による「あとがき」には、著者のヤニス・バルファキスさんは、革ジャンにスキンヘッドでバイクを乗り回し、『政界のブルース・ウィリス』とも呼ばれていたことが紹介されています。
 そんな著者が、自分の10代半ばの娘に対して「経済と文明」について、なるべくわかりやすく書いたのが、この本なのです。

 僕はこの本を最初に手にとり、「父が娘に語る」というのをみて、小学生くらいの子どもにもわかるような、童話のような語り口なんだろうと思いつつ読み始めたのですが、正直、この本はそんなに「わかりやすい」わけではありません。経済の話というより、文明論が主ではないか、という感じもします。

 難しい数式も出てこないし、経済学の本としてはわかりやすいのですが、それほど「子供向け」ではないし、「まだ経済のことが全然わからない大人」が読んで、すぐに腑に落ちるほど簡単でもないんですよね。

 著者の娘さんは、すごく頭が良いのだろうなあ、と感心しながら読みました。

 ちなみに、本文中にも参考文献として挙げられているのですが、この本を読む前に、ジャレド・ダイアモンドさんの『銃・病原菌・鉄』を読んでおくと良いと思います。この大ベストセラーも、けっして、「簡単で読みやすい」というわけではないのですが。

fujipon.hatenadiary.com

 ここでそろそろ最初の質問に戻ってみよう。
 オーストラリアを侵略したのはイギリス人だが、どうして逆じゃなかったのだろう?

 もう少し大きく捉えて、帝国主義の超大国がユーラシア大陸に集中していたのはなぜだろう? アフリカやオーストラリアで、そんな国がひとつとして生まれなかったのはどうしてだろう? 遺伝子の問題? そんなはずはない。答えはさっきからずっと言っていることだ。

 すべては「余剰」から始まったと言った。農作物の余剰によって、文字が生まれ、債務と通貨と国家が生まれた。それらによる経済からテクノロジーと軍隊が生まれた。

 つまり、ユーラシア大陸の土地と気候が農耕と余剰を生み出し、余剰がその他のさまざまなものを生み出し、国家の支配者が軍隊を持ち、武器を装備できるようになった。そのうえ、侵略者は自分たちの呼吸や身体をとおしてウイルスや細菌も兵器として使うことができた。

 だが、オーストラリアのような場所では、余剰は生まれなかった。まず、オーストラリアでは自然の食べ物に事欠くことがなかったからだ。300万人から400万人がヨーロッパ並みの広さの国土に自然と共生し、人々は土地の恵みを独り占めできた。だから農耕技術を発明しなくても生きていけたし、余剰を貯め込む必要もなかった。テクノロジーがなくても豊かな暮らしができたのだ。

 アボリジニが詩や音楽や神話といったすばらしい文化を発達させたことは知っているだろう。彼らの文化は他人を攻撃するためのものではなかった。だからいくら文化が発達していても、農耕社会の経済がもたらす軍隊や武器や細菌から自分たちを守ることはできなかった。

 逆に、気候に恵まれないイギリスでは、大量に作物の余剰を貯めないと、生きていけなかった。航海技術や生物兵器も、余剰から生み出された。そうやって、はるばるオーストラリアにまでたどりついたイギリス人に、アボリジニがかなうはずがなかった。


 こういう話は、『銃・病原菌・鉄』で提示されていた仮設をもとにしているわけですが、正直、僕がその仮説が本当に正しいのかどうか、わからないんですよね。ほとんど記録も残っていない時代の話ではありますし。

 面白いし、そうなのかもしれないな、とは思うけれど、「定説」として良いのかどうか?

 著者は、SF映画や文学作品の描写を取り入れながら、話を進めています。おかげで、僕はけっこう読みやすくて、興味を持続できたのです。いま10代半ばだったら、『マトリックス』とかは「古い映画」で、観たことがない人も多いのかもしれないけれど。

 フランケンシュタイン博士が死体を継ぎはぎしてつくった怪物は、自分という存在への不安に耐えられなくなって人間を殺しまわった。『ターミネーター』では、機械が地球を乗っ取ることをもくろんで人類を根絶やしにしようとした。

『マトリックス』はそこからさらに一歩進めて、機械がすでに地球を乗っ取ったあとにまだ人間を生かし続けようとする世界を描いている。

 機械が人間を根絶やしにしないのはなぜかというと、人間が地球の資源を使い果たし、地球は黒い雲に覆われて太陽エネルギーが届かなくなってしまったからだ。唯一のエネルギー源が人間の肉体なのだ。人間は特殊な容器に入れられて植物のように水と栄養を与えられ、人間が代謝によって発するエネルギーが機械の動力源となっている。

 しかし、たとえ適切な栄養を与えられ最高の状態に置かれていても、人間は他者との関わりや希望や自由が失われると、すぐに死んでしまうことがわかった。そこで、機械はマトリックスという世界をつくりだした。マトリックスはコンピュータが生み出す仮想現実で、奴隷になった人間の脳にその仮想現実が映し出され、機械に乗っ取られる前の生活を頭の中で体験できる。人間は奴隷となり搾取されていることには気づかない。

『マトリックス』のような優れたSF映画は、われわれをハッとさせる。それは、こうした映画が現実についての何かを教えてくれるからだ。

『マトリックス』は現代を映し出し、われわれの不安を映し出す鏡のようなものだ。メタファーを通したドキュメンタリーと言ってもいい。『マトリックス』は、もはや人がテクノロジーに支配されていることに気づくことすらできないほどの完璧な機械化や肉体の商品化、心の奴隷化への恐れを映し出している。実際、マトリックスがすでに現実になっていたとしても、われわれにはそれを知りようがない。

 19世紀の革命思想家であるカール・マルクスはかつて、生産手段の中でも労働手段、つまり機械や装置は「人間に服従を強いる」と書いた。カール・マルクスが考えた、市場社会が進化の末にどこに行くのかを、この映画は見せてくれる(マルクスがシェリーの書いた『フランケンシュタイン』に大きな影響を受けたという事実も驚くにはあたらない。経済について優れた著作を残した人たちはいずれも、芸術家や小説家や科学者からアイデアを得ている)。

 しかし、経済の中には、人に希望を与えてくれるような、いわゆる「安全装置」が存在するとマルクスは言っている。市場経済には、機械が人間の労働者に完全に取って代わる前に「危機」を発生させるような仕組みが組み込まれていて、その仕組みは労働の機械化が進むにつれて強まっていき、人間が生産からすべて排除されないよう防いでくれるというのだ。

あわせて読みたい

「経済学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  4. 4

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  5. 5

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  7. 7

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  9. 9

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。