記事

生活の固定費の記録(2019年時点)

家計管理の基本は「毎月いくらかかってるの?」なので、2019年時点の生活費について、自分の記録のためもふくめ計算してみました。

まずは固定費ですが、これはざっくり額も公表してしまいましょう。

固定費とは、「食べたり飲んだり遊びに行ったりしなくてもかかるお金」、つまり、ほぼ何もしなくてもかかる費用です。

項目ごとに積み上げていくと・・・なんと年間207万円かかってました。
毎月17万円を超えており、けっこうな額です。

でもよく見ると・・・年間207万円の半分は健康保険料と年金保険料なんですよね。高齢化社会、恐るべし。


下から2番目の健康保険は収入が下がればある程度は下がるので、厳密な意味では固定費ではありません。光熱費も(基本料金以外の部分は)変動費とも言えますが、ここでは「ざっくり普通に生活してるとこれくらいはかかってる」額として固定費として認識してます。

★★★

でもさ・・・既にローンを終えた持ち家(マンション)に住んでてこれですから、

ここに「住宅ローン」や「家賃」が入る場合はさらに高くなるし、子育て中なら授業料や給食費や塾代など教育費がのってくるし、地方在住なら大人ひとり一台の自動車関連費(自動車購入費に加え、保険や車検代、ガソリン代などが高そう)も上乗せされます。

私は保障型の生命保険は入ってませんが、保険料も月1万円近く(年間12万円とか)払ってる人はいそう。

加えて、奨学金を返済してたり、親に仕送りしてるとなれば・・・

★★★

しかも、ここまでは固定費だけなんですよね。

生活するには固定費だけでなく、下記のような変動費が必要です。

・食費
・外食費

・日用品費
・交通費

・勉強代(書籍代、セミナー参加代、習い事費など)
・交際費+冠婚葬祭費

・趣味や遊びにかかる経費
・被服費

・医療費
・家具、家電やガジェットの購入費

そのうえ「人生これから」という方の場合、一定の貯金(家を買うための頭金、子供の教育費、老後の生活費、家電や家具の買い替え費、万が一のための備え)も必要でしょう。

変動費はその名のとおり「変動」が大きく、一律いくらとは言えませんが、ざっくり固定費と同じくらいかかるとすれば年間200万円。固定費と変動費を合わせて年間400万円は必要となります。

働いて稼ぐ場合は、税金を払う必要があるので、必要年収は500万円から600万円くらいでしょうか。

とりあえず「いくら稼げば今の生活が維持できるのか」を理解するのは大事なことなので、みなさんも固定費くらいは定期的に計算してみたらいいかもしれません。

よく言われることですが、生活費の管理は「変動費の節約」ではなく「固定費のみなおし」を通して行うべきものなので。


そんじゃーね。

あわせて読みたい

「家計」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

  7. 7

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

  8. 8

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。